So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンピースネタバレ最新876話確定!プリンとサンジの本当の愛とは?【877話】 [ニュース]

スポンサードリンク





ついに876話に繋がる情報がチラホラと流れ始めてきたね!

ビッグマムの人食い描写には賛否両論あったけど、WCI編は序盤から終盤まで終始予想外の展開が続いていて本当に凄い!

今回はこれまでの情報を元に、色々と疑問点を洗い出しつつ、更なる展開に迫っていければと思うよ!

何はともあれ誘惑の森。

シャークサブマージ3号でサニー号を目指すチョッパーとブルックだけど、彼らは道中で「何かしている男の人魚」を目撃したらしい。

ザクっとした情報ではあるんだけど、これはおそらく「後の伏線」となってくることだろうね!

で、なにはともあれ誘惑の森!

ルフィも一度は正面から衝突してみたものの、今まともに戦える相手ではなさそうなのは確かだよね…。

まぁ、白ひげとかカイドウと並び四皇なんだから、当然といえば当然…って感じだろうか?

ちなみに!

ドレスローザから撤退する時に藤虎とボカスカやりあってたときのルフィは「相手が大将だったとしても、対等にやりあねェと!」って感じだった。

今回の撤退を見ると、なんとなくルフィの中で「大将1人よりも四皇1人のほうがヤバい!」と見積もっているようにも思えてくる。

また、ジンベエによると「プロメテウスは炎の化身、大火事が喋っているようなものだ」とのこと。

槍波で攻撃することでようやくダメージが通るあたり、この発言はきっと的を得ているんだろう!

カルメルが使用したゲブーアツタークで生み出されたパンドラを思い出すね!

あの時生み出された小さな太陽・パンドラのサイズと、エルバフの村に起こった火災の規模を比較すると、なんとなく「大量の炎が魂を得て、コンパクトに凝縮・圧縮されたもの」こそがパンドラのように見えてくる感じだ!

対してプロメテウスの大きさは森を覆うほどのレベルに到達してるから…。

いったいどれくらいの炎がここに凝縮されているんだろう?

それはこれまで四皇・ビッグマムが襲いまくった村々の炎が一箇所に収束したものだったりするのかもしれない…!!

基本的にここ最近はビッグマムとの追いかけっこが中心。

しかし875話では早くもプリンとシフォンが誘惑の森上空に到着する!!

ビッグマムのスピードも去ることながら、プリンの機動力は本当にヤバいね!

空を飛ぶ「絨毯のラビヤン」が、よほど強力な飛行要員なのかも!

しかしその胸の内は…未だ読めないよね。



スポンサードリンク





以下、876話本編です。

ブルック「やっぱこうなっちゃいましたか・・・ヨホホ」

チョッパー「サニー号奪還なんて・・・ルフィやサンジがいなきゃ無理だったんだぁ・・・」

ロープで縛られているブルックとチョッパー。

カタクリ「おい!」

チョッパー「ぎゃあっ!!」

カタクリ「貴様らが盗んだポーネグリフの写しはどこにある?」

ブルック「どどどどこにあるんでしょう??私知りませんよ!」

チョッパー「俺もだ!本当に知らねぇ!」



カタクリ「はっきり言え、もしウソならこのまま海に沈める・・・」

ブルック「本当に知らないんです!私たち本当に・・・!!」

兵士「しらばっくれるんじゃねぇぞっ!ボカッ」

ブルック「ぎゃああっ!ドテッ」

パカッ

倒れたブルックの頭が割れて、ポーネグリフの写しが飛び出してくる。

ブルック(しまったああぁぁ・・・!)

カタクリ「・・・」

ポーネグリフの写しをさっと拾い上げるカタクリ。

カタクリ「そいつらを始末しておけ」

兵士「はっ!」

ブルック&チョパ「ひぃぃぃ~~~!!」



一方、サニー号の外

森の前に降り立つプリンとシフォン。

ぺロスペロー「おおプリン!待っていたぞ!どうだ・・・!?ケーキは完成したか?」

プリン「もちろんよ兄さん!ここに巨大な鏡を作れるかしら?」

ぺロス「鏡?」

プリン「調理場のケーキが、鏡を通せばすぐに運べるの」

ぺロス「それはそれはお安いごよう♪ペロリン♪」

ぺロスペローの能力で、巨大な鏡を目の前に作り上げる。

プリン「さぁ来て!ウエディングケーキ!!!」

デデーーーン

鏡の中から巨大なウエディングケーキが登場する。

子供たち「おお!」

「素晴らしい!まさに会心の出来!!」

ぺロス「よかった・・・これでママにころされずに済む!」



一方、誘惑の森

ナミ「ハァ・・・ハァ・・・効いたのかしら?あいつ動かないけど」

ビッグマム「・・・・・・!!」

ナミ「・・・?」

ビッグマム「クンクン」

ナミ「!」

ビッグマム「ウェディング・・・・」

「ウェディングケーーーーキ!!!」

目を覚ましたビッグマムは、突然猛ダッシュしていく。

ルフィ「危ねぇっ!!」

ナミ「きゃあっ!!」

ルフィ「どうしたんだ!?急に」

サンジ「あれ見ろ!巨大なケーキじゃねぇか??」

ジンベエ「まさか!奴らいつの間にケーキを運んできおった・・・!」

ペドロ「マズイな・・・今ビッグマムに正気に戻られたら逃げるすべはない!」



プリン「ママ!ケーキはこっちよ!」

ビッグマム「・・・ウエディングケーキ!!!」

「ハグハグッ!ハグハグッ!」

ケーキに夢中で食らいつくビッグマム。



スポンサードリンク


コメント(0) 
共通テーマ:コミック