So-net無料ブログ作成
検索選択

BORUTOネタバレ最新11話確定!新たな任務は大名バカ息子の護衛?【最新12話】 [漫画]

BORUTO(ボルト)最新11話のあらすじネタバレ(文字バレ)です。

「BORUTO-ボルト-」ついに新展開突入ッ!!
森を疾走するのは――!?



スポンサードリンク





森を駆けるボルト班の3人。
任務内容をワイヤレスイヤホンで聞いているボルト。


木の葉丸『…という流れだ』

『作戦内容は理解したか?』


ボルト「……」


木の葉丸『…おい』

『聞ィてんのかボルト!コレェ!?』


ボルト「あっ…と わりィ木の葉丸先生!」

「ちゃんと聞ィてるってばさ!」


サラダ「またボーッとして!」

「アンタ最近なんか変だよ?大丈夫?」

ボルト「わりィわりィ 大丈夫だって!」

「………」



掌に残った印を見るボルト。

(…今んとこ特に変わった事はねーってばさ)


【回想】


サスケに相談しているボルト。


ボルト「あれ以来あいつの姿は見てねェし」

「あん時みてーな金縛りにも逢ってねーよ」


サスケ「……」

「あれは金縛りなんて生易しいもんじゃない」

「『時』そのものを止められたような感覚だった…」


「奴と直に接触したお前と輪廻眼で見ていたオレ以外は」

「“起きた事を認識すらしていない”ようだった」


ボルト「……」


サスケ「別にビビらせようって訳じゃないが…」

「お前の身に起きた事は“普通じゃない”」

「用心するんだ…」


「特にその掌の『印』」

「こっちでも調べておくが…」

「何か異変を感じたらすぐに知らせろ…」

「いいな…」


ボルト「……」


【回想終わり】



ボルト「考えたってしょうがねェ…」

「今は任務に集中だってばさ!」




ニュース『木ノ葉銀行を襲撃した強盗団のうち』

『「3名」が依然逃亡中です』

『非戦闘員の方々は不用意な外出を控えるよう』

『くれぐれもご注意下さい』



その強盗団らしき3人組が森を走る。



短髪「うまくいったな…!」

ヒゲ「…当然だろ」

「オレたち『狢(ムジナ)』にかかりゃチョロイ仕事だ」

「あとは頭領(おかしら)と合流して…」


短髪「わぁッ」

ロン毛「!?」



ロン毛が振り返ると、仲間の一人が転び、腕を伸ばしたミツキに捕らわれていた。



ロン毛「うわぁア」

「なッなンだありゃ」

ヒゲ「構うな行くぞッ」



再び走り出す2人の前に出て来たのはサラダ。



サラダ「ッしゃあンなろッ」


サクラ譲りの怪力でヒゲ面の男をぶっ飛ばしてしまう。


ロン毛「…あ…!」

「チッ…!」

「仕方ねぇ……」


「少し遊んでやるかッ」



手裏剣を投げるロン毛。
それを飛んで躱し、逆に手裏剣を投げ返すサラダ。

飛び降りたサラダが一気に距離を詰め、相手の刀を蹴り飛ばして強烈なボディー。
さらにドラゴンボール張りの体術を発揮。


最後に顔面に強烈な蹴りをいれてKO。



ヒゲ「…… ……」

「クソッ………」



サラダ「『狢強盗団』ねェ……」

「この程度なんだ」

「張り切って損しちゃった」


ヒゲ「……」

「腕に覚えがあるようだが…」

「オレらの『頭領(おかしら)』に比べりゃただのガキ同然だ…」


サラダ「へぇ…強いんだね その人」

「会ってみたいかも」


ヒゲ「ナメやがって小娘が!!」


ヒゲ男のパンチをガードするサラダだが、手首に仕込んでいた隠し刀が飛び出す。


サラダ「!」

「くッ!」


両手で刀を押さえるサラダ。
刀身はなぜか濡れている。


サラダ(毒か…!)


ヒゲ「御頭に会いたきゃ連れてってやるよ……」

「死体にしてからなァ…!」



サラダのピンチに気付くミツキ「!」

「サラダ!?」


ヒゲ「死ねッ」


しかし間一髪、現れたボルトがヒゲ男を蹴り飛ばす。


サラダ「ボルト!」

ボルト「らしくねーなサラダ!」

「油断したかよ」


サラダ「フン! わざわざ見せ場作ってやったんだからね…」

「あとで紅茶でもおごってもらうから」



ヒゲ(クソッ…もう一人いやがったか…!)

(3人相手はさすがに厳しいぜ…!)


ボンッ


煙玉に乗じて姿を消すヒゲ男。



サラダ(よし…3対1になったら逃げるだろうと踏んでたんだよね)

(ここまでは作戦どおり…)

(あとは『御頭』のところまで泳がせれば…)



ボルト「逃がすかァ!!」


ドヒュゥゥゥゥン!


両手に螺旋丸を作り始めるボルト


慌てるサラダ「えっ!?」



ボルト「そこだァ!」


ヒゲ男(…クソッ!!)



「螺旋丸!!」


螺旋丸で最後の一人を仕留めるボルト。


呆れて口が塞がらないサラダ「………あのバカ…!」



さっそくボルトに説教を始める。


サラダ「アンタ作戦ちゃんと聞ィてた!? ふつーにやっつけてどーすんの!!」

ボルト「いやーわりィわりィ…そーいう事だったのか…!」

「なんとなく聞ィてたもんで全く理解してなかったってばさ…」


ため息のサラダ


サラダ「まったくもう…自分はサポート役だとかなんとか言っときながら結局出しゃばるんだから!」


ボルト「さて…そろそろ行かねーとシカダイ達との待ち合わせに遅れちまうってばさ」


ミツキ「ボルト…さては『アレ』だね?」

ボルト「そうアレだよアレ! すぐ売り切れっからよォ」



サラダ『ちょっと!逃げる気!?』

ボルト『もういいだろ しつけーぞサラダ!』


マイク越しにそんな会話を聞いている木ノ葉丸。


木ノ葉丸「………やれやれ」

「ま アイツらにしちゃ上出来か…………」



【火影室】


ナルトにカタスケの件を報告しているイビキ。



イビキ「尋問の結果…科学忍具班特別上忍『遠野カタスケ』は 外部から何らかの『精神操作』を受けていたようだ」


ナルト「何だって…!? 誰かに操られてたってのか…?」

シカマル「そういやカタスケのおっさん 大会中少し様子が変だったな…」


サイ「すでに暗示は解けて勝機を取り戻しているが」



「事実を知って相当ショックを受けている」


サイ「知らず知らずのうちに『敵』の利益となる行動を取らされていたようだね」

イビキ「科学忍具に関する情報も流出した形跡がある」


ナルト「………まさかボルトの不正行為も…?」


イビキ「…いや その辺はカタスケにうまく乗せられただけだろう」

「いくら協力な暗示でも 複数人に仕掛ければボロが出やすくなるからな」

「敵も余計なリスクは負わないはずだ」


サイ「確かな事はまだ分からないけど」

「敵の目的は『科学忍具』絡みの何かである可能性が高いね…」



ナルト「…よし サイとイビキは引き続き捜査を続行してくれ」

「カタスケの処遇はシカマルに一任するってばよ」


シカマル「…了解」

「まあアレでも有能な人には違いねーからな…上手くやるわ」

ナルト「ああ頼む 後は…」



コンコン


部屋に入ってくるミライ。



ミライ「報告します!」

「木ノ葉丸小隊 里に潜入していた『狢強盗団』三名の確保に成功しました!」


ガタッと思わず立ち上がるナルト。


ナルト「ボルト達…やったか!」



シカマル「へェ…やるじゃねーかあいつら」


タバコを咥えるシカマル


シカマル「ミライおめー火ィ持ってね?」

ミライ「………」

「…ココ禁煙ですよシカマルさん」


シカマル「わーってるよ……」

「ところで『3人』って言ったな…頭領の『ショジョジ』は現れなかったか」


ナルト「………」

「『屍分身』のショジョジか…」

シカマル「ああ…手配帳(ビンゴブック)の大物だ」



「殺した人間の姿や声はおろか『記憶』までもコピーして变化しやがる…」


ナルト「………」

「早くなんとかしねーとな…」

シカマル「ま『狢』の事はオレらに任せとけ」

「お前は今日の『会談』に専念するんだ」


ナルト「あれ…会談って今日だっけ?」

シカマル「……あのなァ……前もって何べんも言ってンだろ」

「相手は火ノ国の『大名』なんだからよ…待たせたりすんじゃねーぞ!」



場面変わり、誰かと電話している偉そうなおっさん(大名:イッキュウ)。
『屍分身』のショジョジに似ているような気も…



イッキュウ「ああ…そうだ」

「ああ分かっておる」

「その件はこちらで対処するから……」

「…ああ心配いらん」


隣にいる子供「………」


イッキュウ「そうだ……ああ頼んだぞ」


電話を切るイッキュウ。

「…ったくやれやれ…」



電話を終えたイッキュウにさっそく話しかける子供(大名の子供:テントウ)


テントウ「ねえパパ!あのさ!」

「さっきの店で箱買いした中にさ……」

「ジャーン!! これ!」


嬉しそうにカードを見せつける。
そこには幼いナルトが写っていた。


テントウ「まだ持ってなかったやつ! あとねこっちはね…」

イッキュウ「…すまんなテントウ」



しょんぼりするテントウ



イッキュウ「急がねば火影殿との大事な会談に遅れてしまう」

「ヤマオカ!」


執事っぽいじいさんが返事をする

「ハイ 上様」


イッキュウ「テントウの事頼んだぞ 面倒見てやってくれ」

ヤマオカ「承知しました」


さっさと去っていくイッキュウに、落ち込むテントウ「…………」



黒服「こちらです」

イッキュウ「うむ」



イッキュウが去ったのを見送るテントウ。
急に態度が変わり、乱暴な口調で話し始める。



テントウ「おいヤマオカ!」

ヤマオカ「はいぼっちゃま」


テントウ「何箱あった? この店の『激・忍絵巻』は」


ヤマオカ「申し訳ございませんぼっちゃま…」

「こちらのお店ではお一人様につき3パックまで…と制限されているようでして」


テントウ「はぁ? 冗談はよせよヤマオカ…」

「お金があるのに買えないなんておかしいだろ?箱買いがダメだってんなら…」


ドヤ顔でクレジットカードを取り出すテントウ。


「店ごと買えばいいじゃないか」




【駄菓子屋】


場面変わり、どこかの駄菓子屋にはボルトとシカダイ、いのじんの姿。



店員「あいよ 30両ね」


カードパックを買っているボルト



ボルト「ふうっ……」

「…よォし……いくぜ…頼むッ!」


【SSR】
七代目火影うずまきナルト


カードを放り投げるボルト

「ダァ――――くそッ!!」

「またハズレだァ―――!!」


笑うシカダイ「カッカッカッ…!」

いのじん「『SSR(超激レア)』の七代目のカードをハズレって…」


ボルト「もう5枚も持ってンだよチキショー!」

「おかしいーだろ どういう確立だよ!!」


「くそっ…! 今日はもう使うまいと思ってたけど…仕方ねえ……!」

「おばちゃん『ゲキマ』もう1個!」


おばちゃん「へっへっ あいよバカ息子」


シカダイ「ボルト…お前 任務報酬全部使うつもりか?」

ボルト「うーるせっ」


シカダイ「そんなにしてまでよォ…一体何のカード狙ってンだよ」

ボルト「へへ…!いつか当たったら見してやんよ」

「すっげーレアもんだからよ! 一生見る事ないかも知んねーけどな」



そんなボルトたちを遠巻きに見ているサラダ。

「……………」


そこにミツキもやってくる。


サラダ「本ッ当バカだね男って…」

「中身の分かんないものにあんなにお金使っちゃって…何が楽しいんだか」


ミツキ「『激・忍絵巻』通称『ゲマキ』」

「歴代の有名な忍達をモチーフにした大人気のカードゲームさ」

「子供たちはみんなハマッてるよ」

「大きい店だと入荷したその日に完売しちゃうほどの人気なんだ」


近くのベンチではボルトたち以外にもゲマキで遊ぶ子供たちの姿が。


サラダ「………ふーん……」

「けっこう詳しいみたいだけど アンタはやらないの?ミツキ」


ミツキ「…いやぁ」

「ボクは……」



「おぉ――――い!」

ボルト「ん?」


遠くから走ってくるメタル・リー。


シカダイ「なんだ リーじゃねェか」

ボルト「どしたァ またトレーニングがてらの伝言かァ?」



息を切らしながら答えるメタル「その通りですボルト君」

「木ノ葉丸先生が呼んでますよ」


ボルト「えぇ~…!? オレェ?」



【火影室】

火影室に呼ばれたボルト。


ボルト「…ったく先生よォォ」

「任務終わりのリラックスタイムを邪魔しねーでくんねェかなァ」


木ノ葉丸「おうボルト! わりィな急に呼び出して」


木の葉丸の前には偉そうにソファーに座るテントウの姿が。



木ノ葉丸「紹介するよ」

「こちら火ノ国の大名 まどかイッキュウ殿のご子息…」

「まどかテントウ殿だ」


ボルト「…!」

「大名様の…?」


テントウが立ち上がり、腕を差し出す。


テントウ「キミがボルト君か 会えて光栄だよ」

「ボクはまどかテントウ テントウでいいよ」


ボルト「うずまきボルトだ」

「オレもボルトでいいぜ! よろしくなテントウ!」


手を握り返すボルトを上から下までジロジロ見ているテントウ。



テントウ「………ふぅーん………」

「七代目の火影の息子って割には ずいぶんみすぼらしい格好してるねえ」


ボルト「……あ”ァ?」


テントウ「まァ しっかり仕事してくれさえすれば文句ないけどね!」

「ウデは立つんだろ?」



ボルト(…………!?)

(なんだァ……!? コイツ…!)


「木ノ葉丸先生ェ! どういう事だよこれってば?」


木の葉丸「ハハ…!」

「まァ落ちつけって これも『任務』なんだボルト」

「今日から数日間 お前にテントウ殿の『護衛』についてもらう」



ボルト(……!)

(護衛………!? …コイツの……!?)


ボルトは怒った口調で木ノ葉丸に愚痴る


ボルト「何だよそれェ!」

「何でオレだよ!? サラダやミツキでもいーじゃんかよォ!」

「つーかオレ コイツとはぜってーうまくやれない確信があるんだけど…!」



木ノ葉丸「…まあそう言うな」

「他ならぬ我が国の大名まどかイッキュウ殿から ぜひお前にって直々のご指名なんだぞ?」

「大名殿は里との大事な会談のためにお忍びで滞在中だ」

「その間ご子息に何かあっちゃ困るだろ」


ボルト「………」

(ご子息…………)

(…コイツがねェ……)


木ノ葉丸はボルトの耳元に囁く。


木の葉丸「まあアレだ…ぶっちゃけた話」

「教育の一環として『忍者』の何たるかを見せてやって欲しいんだとさ」


ボルト「!」

「……じゃあ『護衛』ってのは」

「ま…半分は方便だな」



テントウが出されたお茶にさっそく文句をつける。


「うーん 風味も何もあったもんじゃあないな…」

「初めての味…これが安物の紅茶か…!」


「なあボルト! いい機会だ」

「君らのレベルの生活というものを見せてくれよ 興味がわいてきたぞ!」


ボルト「…………………………」

「先生……護衛どころか今すぐブン殴りてェ気分なんだけど」


木ノ葉丸「ま…こういう苦労もしとけボルト…」

「お前にとっても良い勉強になるだろコレ」


ボルト「…………………はぁ~~……」

「…マジかよクソ……」


テントウ「へへへ…!」

「よろしくねボルト!」


どこを切ってもバカ息子!? モモシキよりも手強そうな(?)任務、スタート!!

次号、二人に待ち受けるものとは??


ボルト 12話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

鉄血オルフェンズ2期の最終回考察!三日月は死亡!?サブタイトルは彼等の居場所と判明 [漫画]

2017年3月26日(日)17時00分から、MBS/TBS系列全国28局ネットにて第2期の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第49話『マクギリス・ファリド』が放送されます。


スポンサードリンク





先行カット&あらすじが公開。

TV誌
48話「約束」
苦境に立たされた鉄華団。そして火星本部の周辺では、ギャラルホルンの大部隊が展開を始める。

49話 「マクギリス・ファリド」
火星に大部隊を展開したギャラルホルンによる鉄華団掃討作戦。その開始の時間が刻一刻と迫っていた。


『鉄血のオルフェンズ』小川Pのインタビュー
 「犠牲者はあと数名でる「まさかの人物も含まれる」」「未来へ繋ぐ結末、これで終わりではない」

アニメディアでの小川Pインタビュー
・マクギリスとオルガの違いは仲間の有無
・オルガや古参メンバは、元々敵だらけの状態からはじまったので、まだ何とかなると考えている
・(今後の注目ポイント)「あいつらが転んで、ただで起き上がるわけがない」
・火星支部を味方につけるのが鍵
・犠牲者はあと数名でる「まさかの人物も含まれる」
・未来へ繋ぐ結末、これで終わりではない

現在分かっているフラゲ。
ラジオより
・アフレコは終わってる
・ガンダムとして新しい終わり方
・辛いけど希望は残った
・今までの三日月観が覆る
など。


『鉄血のオルフェンズ』第49話視聴。こ、これはもう……どうしようもないのでは。マッキーが「ここでオレが一人でアイツら倒したら超カッコイイじゃん!」とか言い出したところで、今の今まで微かに抱いてた「まだ何かマッキーには隠し玉があって鉄華団を救うんじゃ……」という希望すら打ち砕かれた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ワンピースネタバレ最新861話確定!遂にお茶会スタート作戦開始!?【862話】 [漫画]

ワンピース(onepiece) 最新861話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





ついにマザー・カルメルの写真登場!
誰だこれは?

扉絵リクエスト:
ネコマムシがネコだらけのコタツで丸くなっているところ


飴の階段、その上では…


【ホールケーキ城 屋上】


高い扉に登り、パーティーを見下ろすヴィト。

圧倒されているような表情。


ヴィト(…………!!)

「すげェ…!!」


カポネ「ヴィト何やってる!!」

「頭目(ファーザー)すげェ!! 今…世経の社長とジェルマの親玉が話してるレロ!!」


カポネ「話ぐらいするだろう 口と耳がついてんだ」

ヴィト「まあ…しかし尋常じゃねェパーティーレロ…!!」


「長男『キャンディ大臣』ペロスペロー」

「長女『フルーツ大臣』コンポート」


長女フルーツ大臣コンポート



「次男“将星”カタクリ」

「14女“将星”スムージー」

「3男ダイフク 4男オーブン…」


三男ダイフクと四男オーブン



「数えきれねェ程の化物揃い…」

「味方と思ってる内は心強かったが これが全員敵に回ると思うとゾッとするレロ」



扉(……ん?)

(敵?)


そしてチェス兵がビッグマムのテーブルに”あの写真”を持って来る。


ビッグマム「!」


兵士「ママ」

ビッグマム「おお…」


兵士「マザー・」

「カルメルです」どん!



ニコニコ顔のビッグマム「そう…」

「おれ達の……」

「マザー!!!」


客「いやぁ本日もマザーは実にニコやかで何より」

(何者か知らねェが……)


ビッグマム「ハ〜〜〜ハハハママママ そうさマザーこそこの世の光…!!!」


客「私は初めてお茶会に参加するがこの方」

「一体あなたとどういう関係で?ビッグ・マ…」

「!!?」


ビッグマム「おれの思い出に」

「踏み込んで来るんじぇねェよ!!!」


怒るビッグマム、客は覇王色の覇気で気絶してしまう。



ル・フェルド「まーまーそれはそれとして!! 手みやげを運ばせておいたネンシャーロット!!」

「娘さんの結婚祝いも兼ねてね!」


ビッグマム「おや 宝箱じゃないか!! 大好物♡」

「何が入ってるんだろうねェ」


ステューシー「私からもプレゼントがあるわリンリン♡」


次々に宝箱を取り出す客たち。


ギバーソン「私のも受け取ってくれ!!」

モルガンズ「おれのは南方からの珍しい贈り物だ」

ウミット「うんだ!! 私は北の最果てへ出向いてね…」


ビッグマム「嬉しいじゃないか〜♡ いつもいつも!!」

「こんなにたくさん!! ありがとうねェ〜〜っ!!」

「おれァ幸せだよ♡」


モルガンズ「宝箱と言えばマミーゴ!“海底の大秘宝”を手に入れたって?」


ビッグマム「おや耳が早いね さすがモルガンズ」

「そうさ」

「海底の王族に代々伝わる宝箱!! 何の因果かネプチューンがそれを手放し今ここに!!」


「──これが」


「あの伝説にきく“玉手箱”さ!!!」どん!!



ル・フェルド「おォ何て重厚感!!」

ステューシー「中に一体何が!?」


ビッグマム「プリンの挙式の後の盛大な宴で みんなのプレゼントと一緒に」

「これも開けてお披露目するつもりさ!!!」


一同「そりゃ楽しみだ〜〜!!!」



【カポネサイド】


給仕に扮した手下たち「頭目(ファーザー)!!」

カポネ「おお 終わったか?」


手下「下ごしらえは滞りなく……!!」

カポネ「下の様子は?」

手下1「コック達が今作業後の宴で大騒ぎ」

「通路は全て塞いで来ました」

「ここを塞げば当分誰も上がって来れません」


手下2「念波妨害の『ツノ電伝虫』を使用し 通信も不能 会場は孤立します」

カポネ「よし」

「ご苦労 すぐに着替えろ」

手下「はっ」



コンコンっと自分の胸を叩くカポネ。

カポネ「シーザー鏡を出せ…」


「てめェ またその名を!!」と怒りながらシーザーがカポネの体内から飛び出す。


シーザー「フン!!」

「ここが茶会の入口か…せいぜい楽しんでろ世界のゴミ共!! シュロロロ!!」


カポネ「お前もゴミだろ……」

「──さっさと鏡をその辺に隠せ!」


「“寄声”が始まったら その鏡を持って会場に飛び込んで来るのがお前の仕事」

「そいつだけがおれ達の脱出口だ くれぐれも妙な考えは起こすな」


心臓を見せるカポネ。


シーザー「今更裏切らねェよ!!(怒)」


扉(シーザークラウン!?)

(…大変ベッジ達が何かを企んでるわっ!!)



カポネたちの様子を見ていた扉にカポネが気づく。

カポネ「……!!」ギロッ

扉「!」



ゴッティが持っていた刀で扉の顔を斬り落としてしまう。

扉「…………!!」


ゴッティ「そぎ落とした」


カポネ「情報の漏洩は予測不能の危機を呼ぶ」

「挙式まであと30分 “麦わら”達は準備万端か?」


シーザー「自分で覗いてみろ てめェの体の中にいるんだ…」



がしかし、麦わら一味は全員眠っていた。
唯一ジンベエだけが起きている。


ベッジ「おいてめェらァ!!!!(怒)」

「何寝てやがる!!! 準備はどうしたァ!!?」


ジンベエ「……」

「寝かしといてやれ 上陸してからろくに寝とらん様じゃ」

「10分前には起こす」


カポネ「どうかしてるぜ 足引っぱりやがったら即見捨てるからな!!!」


ジンベエ「問題ない」

「外の警戒も準備もわしがしとる」



外に戻るカポネ「あの野郎共…!! 呆れたぜ」

シーザー「だろ!!(怒)」

カポネ「お前ももう一度中に戻れ」

シーザー「!」


ベッジ「おれ自身が会場に踏み込む…!! 全員覚悟しろ」

「そしたらもう…後へは引けねェ!!!」



【9階 新郎新婦控え室】


サンジ「………」

「お…おれは」

「結婚しないつもりでここへ来たから…」


「今こうして2人並んでるのが 不思議で…夢でも見てるようだy…」


もじもじするプリン「──それって……」

サンジ「!」


プリン「いい夢? 悪い夢?」


涙目のプリンに衝撃を受けるサンジ。


サンジ「!!!」



(か…)

(かわいい……!!!)



サンジ「も…!! もも…!! 勿論いい夢さ!!」

プリン「……ホント?よかった…♡」


サンジ(落ちつけおれ!! 彼女は演技をしてるんだ!!)

(おれを殺す気なんだぞ!!)


(…あれ? もしかして…おれは本当に夢を見てただけなんじゃあ…)


(いやいいやいやいや!! ダマされるな!! 自分の記憶を信じろ!!)



ブンブン頭を振るサンジ。


プリン「サンジさん…どうかした?」

サンジ「え!? い…いやいや!!」

「あの…あ!! そうだ!!」


「ち…“誓いのキス”は…あの……プリンちゃんがもし…人前でいきなり」

「アレならお…おでことかでもおれは別に…」


プリン「口にして♡」

「夫婦になるんですもの」



サンジ「!!?」

鼻血を垂らしながら奇声を上げるサンジ。


ガン!!


兵士「おい何の音だ!?」

「サンジ様が壁に激突したァ!!」

「壁ェ〜〜!?」

「出血がすごい!!」



表プリン「大変!! サンジさん!」


裏プリン(何なんだこのエロガッパ!! 早くブッ殺してェ!!!)



そして宴は進む。
ビッグマムの娘らしき人物をナンパしてるニジ、モリモリ食べるヨンジ。
警戒している様子のレイジュ。
イチジは大手葬儀屋のピエクロらと談笑中。


そして来賓と話しながら大笑いしているビッグマム。


そこでファンファーレが鳴り響く。


ビッグマム「おォ!?」


『さてご来場の皆々様!!』

『本日のメインイベント!!』

『シャーロット家35女!! シャーロット・プリン様と!!』

『ヴィンウモーク家3男!! ヴィンスモーク・サンジ様の!!』


『ロイヤルウェディングを』

『執り行います!!』


モルガンス「おお」


『「四皇」ビッグ・マム海賊団!! そして“悪の軍団”ジェルマ66!!』


ステューシー「美しい…!!」


『若き2人が!! 悪の両家の夢路をつなぐ!!!』



「フフ…」と笑うジャッジを横目で睨むビッグマム。


『マリアージュ・デ・レゾン!!! 2人が結ばれる事で!!!』

『また一つ!!! 世界に悪の華が狂い咲くのだ!!!』


『喝采をォ!!! めまいがする程美しき今日に!!!」

『喝采を〜〜〜〜!!!!』



デレまくっているサンジ。


ワンピース 最新861話ネタバレ画バレ


ベッジ「!!」

(あの野郎!!)

(…なんて演技力だ…!!!)


ナレーション:
血ぬられた結婚式が今……始まる!!!!


ついに式開始(スタート)!もう止まらない!!


次週休載


ワンピース(onepiece) 862話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

東京喰種reネタバレ最新118話確定!真に喰種と向き合う組織とは?【119話】 [漫画]

東京喰種re(トーキョーグールre)最新118話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





亜門の向かう先は──


アジトの中を歩く亜門。
その表情は重い。


途中、廊下の窓に反射した自分の姿を見る亜門。


亜門(……見た目こそ変わらないが、俺はもう…)

(アキラの知っていた”俺”ではない)


『私はお前が嫌いだ、亜門鋼太郎』


アキラの言葉が蘇る。


亜門(心から喰種を憎むアイツはきっと──…)


迷う亜門だが、清水にかけられた言葉を思い出す。


『時間が空いても』

『どんな身体になっても』



亜門「………」



「亜門鋼太郎」


亜門「……!」


迷う亜門に声をかけたのはクロナ。


亜門「安久」

クロナ「客だ」


背後から現れたのは丸手。


亜門「丸手特等─…!」

「どうしてここが…!」


丸手「永近から聞いてな」

亜門「永近…?」



小さな部屋に移動した二人。

丸手の話を聞いた亜門が驚愕の表情を見せる。


亜門「和修家が”喰種”…!?」

「それに全滅って…!!」


丸手「間違いない」

「…局長は俺が殺した」

亜門「!!」

「し、信じられない…」

「いったいCCGにどう報告を…!?」


笑う丸手「報告?誰にだ?」

「トップが喰種なんだぞ」

「局長代理もな」


政の顔を思い出す亜門。


亜門「しかし我々捜査官は毎年検査が…それに入口のゲートは…」

丸手「単純なことだ」

「検査を担当する奴もゲートを作った奴も 全員に和修の息がかかってる」


「誰に報告するかって?」

「はっ! こっちが聞きてぇよ!!」



バンッと机を叩く丸手。


亜門「………」


丸手「有馬は死に、0番隊も去った…」

「誰が奴らを止められる?」



CCGは一体どうなってるんだとボヤく亜門。
不意に頭をよぎったのは嘉納の屋敷に踏み込んだときのことだった。

亜門はCCGが喰種の溶液を購入していたと語る。


丸手「その件も調査済みだ」

亜門「!」


丸手「数年前からラボがとある企業へ大量に発注を出し始めた」

「だが登記簿にあった場所はただの更地」

「元はある医者が所有していた別荘があったらしい」


亜門「……”嘉納明博”」


丸手「…………」


グイっとお茶を飲み干す丸手。


丸手「…これで分かったろう」

「あの組織の中にいたんじゃ何も変わらねぇ」


CCGを潰し、真に喰種と向き合う組織を作るべきだと力説する丸手。


亜門「真に喰種と向き合う…組織……」




金木「お呼びかな?」ドヤァ



産声をあげた”黒山羊(ゴート)”──…!!



東京喰種re 119話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

谷査恵子という安倍昭恵夫人付き秘書官とは?FAX送った経済産業省の人物像に迫る [ニュース]

23日国会で行われた森友学園問題の
籠池森友学園理事長の証人喚問。

本人からは驚きの事実も語られたりして、
質問者も戸惑う姿が見られました。

その籠池理事長の発言のなかで気になる人が。

谷査恵子さんという人物ですよね。

実は最近まで安倍昭恵夫人付きの秘書官だったのですが、籠池理事長の口利きに
関わっていたことが判明しました。

一体、どのような人物なのか気になったので調べてみました。



スポンサードリンク





籠池氏からは政治家の名前とは別に「たにさえこ」という人物が上がった。










籠池理事長の答弁は以下の通り。

府の中で何があったか分かりません。豊中の土地取引は紹介を受け、土地を確保したいと思った。土地の定期借地契約を結び、もっと長い時間、借りられないかと思い、昭恵夫人の携帯にかけた。平成27年10月のことです。留守電を入れ、夫人付きの谷査恵子さんから難しいといただいた。ファクスでも難しいとお言葉をいただきました。私は財務省の中で、何が起こったのか理解しておりません。


やり取りの中で、安倍晋三の妻の安倍昭恵さんに携帯電話で籠池氏は問い合わせをした。
しかし、その当時は留守電だったので繋がらなかったというのだ。

その後、ファックで昭恵夫人付の秘書官で経済産業省から出向している谷査恵子さんから難しいといただいたという。


そして送られたFAXは存在したのだ。







谷査恵子氏はツイッターは存在していましたが、証人喚問後非公開になりました。
しかし、以前つぶやいたツイートは残っていました↓
http://archive.is/tqmMz


@SaekoTANI · 2016年6月23日


その他
電車酔い....


@SaekoTANI · 2016年6月17日


その他
昨日は幹部の異動日。退職される幹部の最後の一日を華やかに見送りたいと、その幹部の秘書さんが、可愛らしい白いワンピースを着てこられた。その気持ちが優しくて感動してしまった。

@SaekoTANI · 2016年6月15日


その他
結局、流されるのみ。やれるだけはやったから、もう仕方ない。

@SaekoTANI · 2016年6月13日


その他
【反省】1時間の面談が伸びて2時間に。次の予定に30分遅刻。途中で抜けるわけにもいかず遅刻連絡がアポ時間過ぎてからに。って社会人基本のダメダメ。タイムマネジメントは一人公社の課題だな。

SaekoTANI · 2016年6月12日


その他
後任が前任と同じことしてても「前の人の方がよかった」と裏で言われるのは気の毒。いなくなった人は美化されやすいから永遠に越え難いだろうよ。
一般に後任が前任を踏襲したがらない気持ちもわかる気がする。
いいよ、もう完全自己流でいっちゃいなよ。そんな物差し壊しちゃえよ。

@SaekoTANI · 2016年6月12日


その他
某経済産業局を訪問。
1時間で「これが現場ですよ」と10回くらい言われたが、いまそれだけギャップが存在するのかも。地方局とのミーティングで「現場」と言われる数を一つのKPIにしようかな。

ツイートを観ていると、仕事に実直な人物像が伺える気がします。
当の本人は、安倍昭恵夫人の秘書であったため注目を浴びてしまった訳ですが。


また調べてみると、2015年に東京の芝公園で行なわれたイベントで、
実行委員会の名誉会長を安倍昭恵さんがつとめていたようです。

そして昭恵夫人付という肩書きで、次のお二人が委員に参加。

谷査恵子(内閣総理大臣夫人付)
重松広美(内閣総理大臣夫人付)

肩書きからしても、前者の方がfaxで返信して来た「たにさえこ」氏ではないかと思われます。

谷査恵子氏は、1998年に経済産業省に入省、温暖化交渉やクールジャパン戦略を担当してきたそうです。
2013年から三年間、現内閣総理大臣夫人の秘書として勤務。

2016年からは中小企業庁 経営支援部経営支援課 連携推進専門官という肩書きで活躍。

そして経産省から出向していた谷氏が各行政機関に問い合わせた可能性も、容易に想像されます。

今現在は出向は解けているようです。

この谷査恵子氏が今後のキーマンになるかもしれません。



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

わんずまざー保育園小幡育子園長がブラック不正で逮捕?彼女の顔画像がとても気になる件 [ニュース]

兵庫県姫路市の私立の保育園「わんずまざー保育園」で68人の園児に対して42人分の給食しか発注市内で経費の削減を図っていたなどとして、認定こども園を取り消されることになった。

わんずまざー保育園の小幡育子園長は、「残飯が出るのがもったいないと思い、給食の量を絞っていた」などと話している。

またこの他に正規に入園した園児の一部から本来集めてはいけない「入園料」を徴収していたことやこども園で働く保育士に対して劣悪な労働環境下で働かせていたことも分かりました。

この様な事をした小幡育子園長はどんな人物なのでしょうか?
調べてみたいと思います。



スポンサードリンク





こちらが園長の小幡育子氏







わんずまざー保育園の住所は
兵庫県姫路市飾磨区加茂381-7です。










ブラック労働という裏契約の実態に驚愕!

わんずまざー保育園は元々無認可の保育園でしたが、
2015年度に姫路市からこども園の認定を受け、「認定こども園 わんずまざー保育園」に移行。

認定こども園になったことで、保育士との雇用契約書を姫路市に提出するようになっていました。
姫路市に提出した雇用契約書には保育士の雇用期間、雇用賃金が記載されています。

しかし、わんずまざー保育園にはこの「正規契約書」以外に「裏契約」なるものが存在していたのです!




その「裏契約」には驚きの雇用契約が書かれていました。

・始業の15分前に出勤しない場合、遅刻扱い
・遅刻、早退、欠勤した場合、ペナルティとして月1万円の罰金
・30分以上遅刻した場合、2日間のボランティア勤務
・無断欠勤の場合、7日間のボランティア勤務
・当日連絡の欠勤の場合、3日間のボランティア勤務
・保護者を待たせた場合、10日間のボランティア勤務と保護者への謝罪
・祝日などで休園日が多い場合はその分の給料カット

嘘みたいに劣悪な裏契約ですね…
この裏契約書は一部の保育士との間で交わされていたそうです。
2016年にはなくなったようですが、実際に裏契約で交わした雇用契約は継続されたままだったんだとか!

ちなみに、ここで言われている「ボランティア勤務」とは、要するに「ただ働き」のこと。
あまりにも理不尽な契約ですが、
働く保育士たちは「園の方針」ということで逆らうことができなかったようです。


私は飲食店勤務なので毎日、多くの残飯を処理している。
今や子供の6人が貧困で「わんずまざー保育園」では酷い飯を園児に提供していた。
正に鬼畜の沙汰である。
子供の貧困を解決できぬ安倍晋三こそアジアに大貧困・格差を招いた大犯罪者である。

不適切な保育実態が明らかになった兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」   ・・・・・ 給食の写真、まるで犬の餌。 エアコン切ったり、保育士から罰金取ったり、無許可増員したり、園長が節約で溜めまくった数千万のお金はどこへいったのか?



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

カルテット最終回に椎名林檎が出演!?謎のGの帽子被った女性は一体誰だ? [ドラマ]

カルテット最終回で大賀ホールにて怪しい人物がいたのは皆さんはお分かりになられましたか?
Gとロゴが入ったキャップを被った女性。
コンサートホールでなんで帽子を眼深くかぶっているの?と思った方もいるはず。
あのGの帽子を被った女性は一体誰だったのか、何の意味があったのか考察していきます。



スポンサードリンク





このGの帽子を被った女性は誰なのか?ネットでは椎名林檎ではと話題に!










椎名林檎さんという説もありましたが。
そうではなく、正解は岸茉莉さんという女優さんだったようです。





岸 茉莉(Kishi Mari)さんプロフィール

生年月日 1989年12月18日
出身地 福島県郡山市
サイズ 157㎝ B81 W61 H82 S23.5cm
趣味 刺繍、染色、ヘアアクセサリー作り
特技 水泳
引用:所属事務所プロフィールより


彼女のツイッターやインスタグラムで出演報告もあったみたいで。







最後の帽子被ってた女性は手紙の主なんだろうな。
自分も4人と同じで音楽で成功しなくて諦めなきゃ行けないと思って辞めたのにこの4人はなんで続けてるのか、納得出来なくて、羨ましかったんだろうな。
そして、結局諦めきれないからバイオリン持ってるんだろうな。


Gの帽子の女性はドラマの中でドーナツホール宛に手紙を書いていました。
以下が送られた手紙全文です。

はじめまして、私は去年の冬、カルテットドーナツホールの演奏を聴いたものです。


率直に申し上げてひどいステージだと思いました。
バランスが取れてない。
ボーイングがあってない。
選曲に一貫性がない。
というより一言で言って、皆さんには奏者としての才能がないと思いました。


世の中に優れた音楽が生まれる過程でできた余計なもの。
皆さんの音楽は、煙突から出た煙のようなものです。
価値もない、意味もない、必要ない、記憶にも残らない。


私は不思議に思いました。
この人たち煙のくせに何のためにやっているんだろう。
早くやめてしまえばいいのに。


私は5年前に奏者をやめました。
自分が煙であることにいち早く気づいたからです。
自分がしていることの愚かさに気付き、すっぱりと辞めました。


正しい選択でした。
本日またお店を訪ねたのは、皆さんに直接お聞きしたかったからです。


どうしてやめないんですか。
煙の分際で、続けることにいったい何の意味があるんだろう。
この疑問は、この1年間ずっと私の頭の中から離れません。
教えてください。


価値はあると思いますか。
意味はあると思いますか。
将来があると思いますか。
なぜ続けるんですか。
何故止めないんですか。

なぜ。
教えてください。
お願いします。

以上、手紙内容です。


夢を追いかけ、趣味にしない音楽。
それを続けてきたドーナツカルテットホールへの思いを綴った手紙まで書いたGの女は、物語をより感動的にさせてくれました。
岸茉莉さんの高い表現力に感動しました。

音楽ではないけどずっと物語を書いてる。それを仕事にもできずに。チャンスはあったのかもしれない。でもモノにできなかったのは自分だ。 だからこそ、刺さりっぱなしのドラマだった。同時に、勇気を貰えた。自分はあの手紙の主だし、帽子の女性だから。 四人に出会えて良かった。

結局、帽子のGの意味はgray(灰色)ってこと?
分からん、もう一回見直すかーーーー。



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

カルテット最終回ネタバレ結末はどんでん返し?まきさんとドーナツホールはどうなる? [ドラマ]

罪を償うため、出頭した真紀。

バラバラになってしまった、カルテットドーナツホール。

それから一年後、彼らはそれぞれ別の道を歩んでいた。



スポンサードリンク





今日で、カルテット終わっちゃうとか今から寂しい。
まきさん、白髪があるな。
家すずが( ´?ω?` )家すずが足らぬ。
だが、今は皆が幸せならそれで良くなってきた。
あぁ…私はこれから何を糧に過ごせばいいのやら( ´?ω?` )
ああ、さみしいなー。
きっとラストまさかがあるんだろうなー。
みぞみぞする。。。
メインの男性キャストが高橋一生と松田龍平(丸眼鏡)で 音楽がfox capture planって、それだけでサブカル女子を殺すドラマだったな。

楽しみだけど終わる寂しさもありつつ……でも良きドラマをありがとうございました!の感謝でいっぱい!


カルテット待機、ミゾミゾするね!

録画してあった先週のカルテットを昨日観たら、すずめちゃんが作ったささがきゴボウのきんぴらがとてもおいしそうで、今夜作った。

いつもは細い棒状に切るんだけど、ささがきも歯ごたえが違ってうまいのね!

この方が楽だしな。

もうすぐ最終回がはじまる。




「カルテット」が興味深いのは、メインのストーリーももちろん面白いのだけど、あの物語世界が断片まで細かく作られ、食事のシーン一つ取っても、その前後に確実にキャラクターが生き生きと存在していたと思われることじゃなかろうか。

まきさん白髪、、!「灰色」が今回のキーワードなの確実!!!!!!

「私は弾く音楽は、これから先、全部灰色になると思うんです」

疑惑の人が弾くモーツアルト。。。。。そんなやつ、山ほどおるやん( ̄▽ ̄;)

もう あの中には戻っちゃいけないな。 それぐらいね 眩しい時間だったんです。

カルテット。今、クランクアップしてきました。最終話に私は少しだけ。優しくて温かくて皆笑ってて。ラストに向かう切なさも入り交じった空気の中、少しだけどあの中でカルテット出来た事、やり取りの瞬間瞬間がたのしくて夢みたいに幸せだった。

まきさんの声が小さくてボリュームあげたけど、えまさんの声が大きくてボリューム下げた。

えまちゃんとかいうゲストバイオリニストがアップになるまで貫地谷しほりに見えてた…

「皆さん、椅子取りゲームで負けたのに、座ってるフリしてるだけですよね?!?」

こ、これは…!!音楽をやってるから気位がやけに高いやっぱりうざかった系女子だーーーーー!!!!

「こんな低レベルな仕事だと思わなかったです」 「三流の、社会人失格のプライド見せてやりましょうよ」のマキさんを思い出すよ…

真紀さんがいなくなってからのこの一年の変化 家森さん→週7日働くようになった すずめちゃん→あまり眠らなくなった(試験勉強!) 別府くん→無職


最終回の名場面、ツイッターで観てみていきましょう!


























































私もだけど、カルテットロスの方は買ってみてもいいかもですよ。
私は買うぞーーーー><




サントラも欲しいwww



ありがとう、カルテットドーナツホール!

以上、いまからわたしは余韻に浸ります。
みぞみぞ



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ワンピースネタバレ最新860話確定!お茶会とマザーカルメル【最新861話】 [漫画]

ワンピース(ONEPIECE) 最新860話のあらすじネタバレです。

まもなくお茶会が始まる、作戦の鍵を握るマザーカルメルの正体とは?



スポンサードリンク





先週のハイライト!




扉絵リクエスト:
雨の日に震えている仔犬に傘をさしてあげているクロコダイル



【ホールケーキアイランド「東の入江」】


■ペコムズ抗議!!



ペコムズ「お前ら一体どこへ行くつもりだ!! ガオ!!」


アラディン「国を出る」

「悪いな…その内誰かに見つけて貰え」


岩に縛りつけられているペコムズ。
おにぎりやお水も律儀に用意されている。


ペコムズ「どういう事だ!!? ママはコレを知ってんのか!?」

アラディン「知られちゃ困る…!!」

「『去る者は殺す』それがビッグ・マムだろう?」


ペコムズ「………!!」」


アラディン「ジンベエはお前に感謝してた」

ペコムズ「!?」


【アラディン回想】

ジンベエ「ペコムズの話をこうして今聞けたのは奇蹟じゃ!!」

「『ビッグ・マム暗殺』が叶うとは思えんが ママはママで『ジェルマ暗殺』を目論んでいたとは」


「ルフィ達がこれを知ったら 必ずサンジを救おうと無茶をするじゃろう」

「ルフィ達の命が危険に晒されて黙っておれん!! 手助けをする!!」


「──つまりわしは完全に」

「謀反をおこしビッグ・マムを裏切る事になる!!」



アラディン「……」


ジンベエ「一度は“仁義”を通すべく正面から脱退を申し入れたが」

「断念した…!! 出された『ルーレット』には数字が書かれており…!!」

「──それは共に生け贄となる“仲間の犠牲の数”だったからじゃ!!!」


「ビッグ・マムの言う“落とし前”は わし一人の命の範囲を越える理不尽な制裁じゃった!!!」


「──じゃから逃げて欲しい……!!」


「茶会の日は各島の迎撃船(オードブルシップ)がゲストの護衛につき」

「『ナワバリ』の中は手薄になる!! 茶会で事件が起きれば更にみんなの意識はそっちに向く…!!」

「脱出のチャンスじゃ!!」


アラディン「──それは覚悟の範囲内…構わねェがジンベエ」

「おれ達はお前が自由になる為に協力したいんだ!!」


ジンベエ「あァわかっとる!!」

アラディン「わかってない!! お前はともすれば死ぬ気じゃないか!!!」


ジンベエ「──例えば…いずれわしが“麦わらの一味”に入ったとしよう」

「わしゃあ船長“麦わらのルフィ”の為 この命を盾に戦う所存!!」


「アラディン…それをやるのが『今』か『後』かの話じゃ!!!」


アラディン「!!」

「………」


「わかった好きにしろ…!!」


ジンベえ「!」


アラディン「──だがてめェの命を守る事にも最善を尽くせ!! いいな」

「おれ達は船で『魚人島』へ向かう!!」


ジンベエ「!」


アラディン「心配なんだろ?『リュウグウ王国』も…!!」

ジンベエ「……!! ああ」

「すまん…!!!」


頭を下げるジンベエ。


アラディン「やめろ!! 何十年のつきあいだ!」

「生きてまた会うぞ!! ジンベエ」


【回想終わり】


アラディン(…………)

「出航の準備を急げ!!」

船員「うおお!!」

ペコムズ「おい待て貴様らァ〜!!」




【ホールケーキ城内】


ヨンジ「どこに行ってたレイジュ」

レイジュ「どうせ夜中まで騒いでたんでしょ?」

「部屋くらい代えて貰うわよ…!!」


ニジ「大人に干渉するなバカ」


ジャッジ「行くぞ 会場は屋上らしい…」


笑うニジ「サンジは逃げ出してねェか?」

兵士「新郎新婦共に準備万端です!!」


焦るレイジュ(…………)

(どういうつもり…!?)

(サンジ…これから何が起きるかわかっていながら…!!)



ヒュルルル~!!
ドォン!
パパァ…ン


ホールケーキ城で花火が打ち上げられる。


お花「始まるよ♪」

木「始まるよ♪」

豚「ママのお茶会の時間だよ♪」



「豚車(ブシャ)があわててやってきました♪」

「間に合うかしら?」

「遅刻だね♪急がなきゃ♪」


住民「ビッグ・ゲストが出てくるぞー♪」


大男が闇金王ル・フェルド
そして女王ステューシー
鎌を持つのは葬儀屋ピエクロ



【闇金王“福の神”ル・フェルド】


フェルド「どうしてお前が招かれてんネン 葬儀屋やォ!!」

ステューシー「細かい男ね よしなさい!!」


【歓楽街の女王 ステューシー】


住民「ステューシー様〜〜♡」


ステューシー「葬儀屋さんが結婚祝っちゃいけないの?」

ピエクロ「グギギグギ♪ 血の匂いのするお前から」

「言われたかねェ!! ル・フェルド!!!」


【大手葬儀屋 ドラッグ・ピエクロ】



さらに鳥男が世経社長のモルガンズ
白ヒゲは倉庫業ギバーソン
大きな帽子がウミット



モルガンズ「やァ今回は呼ばれて嬉しい♪」

「この結婚はビッグ・ニュース!! ジェルマと我が社も縁深い!!」


【世界経済新聞社社長“ビッグニュース”モルガンズ】


住民「モルガンズ様〜〜♡」


ギバーソン「だが裏の世界にゃ知られたニュース もう古い」

【倉庫業老舗 “隠匿師” ギバーソン】


ウミット「うんだうんだうんだうんだ♪ 運ぶ必要のないニュース!!」


【海運王“深層海流”ウミット】


彼らを出迎えたのはペロスペロー。


「やあやあどうもいらっしゃい」

「裏社会の帝王達!! 城内ルートじゃ少々遅れてしまうかも」


モルガンズ「ペロスペロー君」


ペロスペロー「よろしければペロリン送りましょうか?」

「この様に!!」

「“キャンディエスカレーター”で!!!」


ステューシー「!」



一瞬で飴のエスカレーターを作るペロスペロー。


住民「わーすげェ!!」


ル・フェルド「これは見事だ!!」

モルガンズ「いつ見てもこのアメ細工は芸術だ!!」


ペロスペロー「それは恐縮 ママは遅刻が大嫌い」

「さァ参りましょう!! あんたら最後のゲストです!!」



エスカレーターで屋上へ向かう一同。


ル・フェルド「おー階段がひとりでに!!」

ステューシー「これはいい! とても楽♡」


群がる子供たちに気付くペロスペロー「!」


笑顔で棒つき飴を配る。


「仲良くな!」

「3分たったらキャンディコースターもなめていい」


子供達「わーい♪」



【お茶会会場前】


ジグラ「門を開け!! ボディチェックは断る!!」

カポネ「いやァ…そういうわけにはダンナ…」

ジグラ「中にビッグ・マムはもういるか!? おれの所にゃ前回も『招待状』が来たんだよ」

「──だがどうしても行けなくなった!!」


カポネ「……」


ジグラ「母の葬式だったからだ!!」

「その旨を手紙に書いたがビッグ・マムから届いたものは何だったと思う!?」



【臓器販売業者 ジグラ】


ドン


どこからか狙撃され、その場に倒れるジグラ。


カポネ「!!?」

「おい誰が撃った!!? ゲストだぞ!!!」


???「──話はこうだった 『ビッグ・マムから届いた物は何だったと思う!?』」

「『入院中だった父の首だよ!!』『おれは今日復讐しに来たんだ!!!』」

「『門を開けろ!!』『ドン ドン!!』──と発砲」

「お前の部下は2人“撃たれた”……!!」


カポネ「………」

「“将星”カタクリ…!!」


カタクリ「そうなる前に」


「おれがジェリービーンズを投げた事は間違いか?『ルーク』ベッジ」

「おれの判断だとママに報告しろ」

「お前はこう言う…『わかった…ならいい』」


ジェリービーンズを投げる世紀末男ことカタクリ。



【ビッグ・マム海賊団3将星の一人 (シャーロット家次男)
シャーロット・カタクリ】
懸賞金:10億5700万ベリー


ベッジ(会場にいて最も厄介なのはこいつだ…)

「……!!」

(“見聞色の覇気”を鍛えすぎて少し先の未来が見えるという10億越えの怪物!!)

「わかった…ならいい」



『ガコン』と扉が開く。

扉「どうぞ中へ!!」


ステューシー「わあいい香り♡」

ル・フェルド「いつもうまそうな場所やネン!!」


「キャアアアア!!」

「!?」

「ぎゃ〜ははははは!!」


悲鳴と笑い声が響く。

そこにはカクテルグラスを用意したスムージーの姿。


スムージー「ようこそ!客人達 ウェルカムドリンクはどうだ?」

モルガンズ「やあスムージー!」



スムージー「今日は『マウリ火山の溶岩』と『男を100人刺した美女』」

「そして『おかしな声で鳴くキリン』だ」


モルガンズ「キリンを一杯」

ステューシー「わかった すぐに絞る」


絞られるキリン「キャアァアァア!!」

ギバーソン「ぎゃははははは!!」

ピエクロ「最高だコイツは」

ステューシー「味もノド越しもいい…」


ゲスト「そろそろ時間だ……」

「お!ビッグ・マムだ!!」


扉を開いて現れたのはビッグマム。
ドレスアップするかと思いきや、いつものキャミソール姿で登場。



「みんな遥々よく来てくれたねェ〜〜〜〜!!!」

「右を見ても左を見ても!!」

「目に映る物はみんなお菓子さ!! 好きなだけ食って飲んで」

「楽しんでおくれよォ〜〜〜〜〜〜〜!!!」


「今日ここで起きる“全てを”ねェ〜〜〜〜!!!」



静かに煙草を吹かすサンジ。



遂に開宴! 誰の筋書き(シナリオ)が勝る!!?





ワンピース 861話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シールド乳酸菌のたべるマスクの効果や口コミは!?花粉症や風邪に効くのか? [グルメ]

森永製菓から新発売された「たべるマスク」はその名前から話題となっていますが、同時にそれに含まれる成分である「シールド乳酸菌」も注目を集めているようです。
果たしてその効果とは?まとめてみました。



スポンサードリンク





こちらが森永製菓から発売されている「たべるマスク」です。










たべるマスクの名前の根拠にもなっていると言えるのが「シールド乳酸菌」です。
シールド乳酸菌は普通の乳酸菌と違い、死んでいても効果を発揮する死菌で、熱や水分に弱い生菌に対して、熱や水分に強いのが特徴。森永製菓が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌で、シールド(盾)にように外部から守ることをイメージして名付けられているといいます。

たべるマスクには、このシールド乳酸菌が3粒に約100億個も配合されています。
すごいですよね。


日本学校保健会推薦用品に登録されている

このたべるマスク、シールド乳酸菌タブレットは学校保健の向上発展に有効であると認められた商品として、日本学校保健会推薦用品に登録されています。
これは「熱中症対策」と「口腔衛生」以外では初めて登録された食品です。

シールド乳酸菌のその他の効果は以下の通りです。

腸内環境改善による免疫力向上
インフルエンザの予防・症状軽減効果
肺でのウイルス増殖抑制効果


森永製菓から発売されている「たべるマスク」です。

森永製菓から出ているので想像ができますが、分類的にはタブレットタイプのお菓子です。ネーミングからはマスクが食べられると勘違いしてしまい、思わず気になって調べてしまいます。食べることで体を守ってくれるという意味で、このネーミングになっているようです。

たべるマスクは、この抜群のネーミングもあり、発売以来非常に注目を集めている商品となっています。
しかもヨーグルト風味でとっても美味しいと評判です。
21粒入りで200円前後なのでコスパ的にも良いし、持ち運びも楽です!

この商品はamazonでも購入できるみたいなので気になった方はどうぞ。
リンク貼っておきますね。






実際の購入者の口コミや評判は?



◇ヨーグルト味のシュワシュワタブレットという感じです。
食べ始めて2日目ですが、便秘が解消されました!これは、本当に嬉しい効果です。風邪予防などは、まだわかりませんが、これからも続けていこうと思います。
その他の効果の期待も込めて星4つにさせていただきました。

◇発売当初から食べていますが、何となく、お通じも良くて体調も良いです。
体質的に便秘で朝も電車で調子悪くなりがちで風邪も引きやすいのですが、乳酸菌を摂取してるからか体も気持ち良いです。タブレットは硬めなので大人用かもしれません。

◇タブレットでどこでも食べれるのがいいです
R1は食べるヨーグルトと飲むドリンクタイプがありますが
食事の時など摂取する時間がお仕事に従事している方なら限られてしまいますが
これならどこでもどの時間帯でも手軽るに摂取できるので大変助かります
また1袋に21粒も入っているので1日に朝昼晩と3粒ずつ食べていっても1週間も持ちます
買い物が週1の人もこれなら決まったタイミングで購入し続けられるので大助かりです
また3粒で7日分と考えると圧倒的にR1より安上がりです
まずタブレットとして出してくれた森永さんに感謝いたします
のちのラインナップでヨーグルトやドリンクタイプが出るかもしれないのでそちらも楽しみです
効果も体の芯まで冷えた時や風邪引きさんの近くにいたりすると
いつもなら風邪を引きますが、こちらを摂取し続けてからは
全く風邪に掛かっておりません
信用し過ぎるのもなんですが、私個人としては大変効果があるように感じました。

◇約2ヶ月毎日食べ続けてのレビューです。
4〜5年前に花粉症デビューしてから毎年、この時期は症状が出ていましたが、今年はまだ何ともありません。周囲の花粉症の人達は数週間前から酷い症状がでています。

◇半年ほど毎日3粒食べ続けてインフルエンザの時期を越えましたが
結果から言うと今年はインフルエンザにならないで済みました
この乳酸菌のおかげとは言い切れませんが、飴を買うぐらいならこれを買って食べ続けようと思います。



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康