So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年12月3日11時!シュプリーム ティンバーランドのコラボ発売で値段はいくら? [ファッション]

コレクション発表時から”12月発売予定”とSNSで話題になっていた「Supreme(シュプリーム)」と、「Timberland(ティンバーランド)」の2016年秋冬FALL/WINTERコラボアイテムが、12/3 “Week 15” でリリース発売になりそうです。



スポンサードリンク





目玉はブーツとパーカー!?













気になる値段は下記の通り!

・Vinyl Leather Logo Hooded Sweatshirt 25,920円

・Vinyl Leather Logo Beanie 5,400円

・Field Boot 28,080円


2016年9月の”Week 2“に、コラボ商品をリリースした「Supreme × Timberland(シュプリーム ティンバーランド)」。その時のコラボシューズは「3-Eye Classic Lug Shoes」でしたが、今回は「Field Boot」が登場予定!その他にも、バックに大胆なTimberlandのブランドロゴが入ったフーディーも発売とのこと。



気になる12月3日発売のレギュラーアイテムは?
IMG_1984.jpg






胸ロゴのジップアップパーカーボーダー柄のロングスリーブポロシャツ、ショットとダブルネームボア付きレザージャケット、フローラル柄の耳当て付きキャンプキャップ、クラシックロゴ入りキャップ、ボンボンニットキャップ、ネックウォーマーのレギュラーアイテムがリリース予定。


ネックウォーマーはいつも人気の定番商品ですよね。


またシュプリームBOXロゴパーカーも12月中に発売とのこと。これは欲しいよね。



続報を待ってください!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ワンピースネタバレ最新848話確定!ソウルキングブルックの反撃が始まるww【最新849話】 [漫画]

ワンピース(Onepiece) 最新848話のあらすじネタバレです。

表紙:赤いスーツとドレスで着飾った麦わら一味

巻頭カラー:雪が降る森の中で赤いコートを着た麦わら一味



スポンサードリンク





ビッグマムとの通話が切れてしまう。


電伝虫「zzz…」


ルフィ「………!」


ガレット「アハハハハハ 面白いコ!」

ペロスペロー「くくく!! お前ウソだろ!?」

「この城の中でママにケンカ売るか!? 普通!!」


ナミ「…………」

ルフィ「うるせェ!! かかって来いお前ら!!!」


オペラ「ファッファッファ」


ナミ(………………)



そこに芋虫バイクに乗ったリーゼントの子供がやってくる。

子供「おーい 兄者たち」

ガレット「!」

オペラ「アングレ」


子供(アングレ)「よろしくよろしく——!!」

「宝のおへやに しんにんしんだ!!」

「よろしくーっ!!」


ガレット「侵入者? アングレ」

アングレ「それだ おれ今日歯みがかねェんだ——!!」



【万国「女王の広間」】


ゼウス「怒らねェの!? ママ!」

ビッグマム「ハ〜〜ハハハ」

「あんな小僧にケンカを売られたくらいでかい?」

「バカ言えゼウス! 考えてみろ!」


「明日おれは♪」

「『ジェルマの力』と『玉手箱』までも手に入れて〜♪」

「最っっ高のウェディングケ〜〜キ♡も食えるのさ♪ そうだろ♪」


踊るお皿たち「そーです♪」


ビッグマム「明日と思えば何でも許せる♪」

「何で腹など立つもんかい〜〜〜♪」

「明日は最高!! ハッピーデイ♪」


お皿たち「ワーオ♪」



そこでビッグマムの帽子のドクロがビビビ…!!と反応。

ドクロ「あれ!? 念波をキャッチ!!」


「ママ!!」

「『宝物の間』付近で“侵入者”が暴れていると!!」


ビッグマム「!」

「…………侵入者……?」


相変わらず踊っているお皿たち
「ウェディング!!ケーキ♪」
「ケーキの女王 ウェディングケーキ♪」



恐ろしい形相を見せるビッグマム

「まさか狙いは『玉手箱』じゃあるめェな!!!」

「何者だァ〜!!!」

ゼウス「!!?」



【客間『サンジの部屋』】


世話しなく部屋をウロウロ歩き回るサンジ。


サンジ「あ〜〜〜〜〜!! ダメだダメだ」

「ルフィ達は助けて貰える!! ビッグ・マムと約束したんだ!」

「おれが結婚さえすりゃバラティエも無事…!!」


「仲間達と別れるのは勿論辛いが 誰も死なねェ!! それが一番!! 何が不満だ」


イライラしてタバコを吹かしまくるサンジ。


「──こんな暗い顔してちゃ 唯一の希望プリンちゃんを追い込んじまう!!」

「あの娘(こ)を不安にさせたらおれは最低の男だ」


「あんなにいい娘を悲しませるな!! いつものおれになれ!! そうだ!!」

「おれは恋するコック!!」


「プリンちゃ〜〜〜〜ん♡」

「プリン! ちゅわ〜〜ん♡ おれはキミを!!」

「幸せにするぜ〜〜〜♡」

【プリンの部屋】


給仕に現況を聞いているプリン。


プリン「ローラ姉さんの!?」


給仕「えぇ 女の方がビブルカードを持ってて」

「『迷いの森』のホーミーズは威圧されたんですって」


「──ところでプリン様」

「昨日お決めになったドレス ママが却下に……ママが決めたドレスを明日お召し下さい」

「結婚式後の予定を全てママが…──それから」


うんざりした表情で、給仕の話を聞き流すプリン。
雨が降るベランダに一人出て行く。


『プリン!! おれの言う通りに生きれば間違いない』

『お前はまるでお人形だねプリン』


ビッグマムの言葉が蘇る。


給仕「あ! プリン様お庭はまだ雨が!」

ローラ『何も殺されやしないわよ 親子だもの!!』

『自分の結婚くらい自分で決めるわ!!』

プリン「……」


家出したローラのことを思い出すプリン。




【ホールケーキ城内】


息を切らしながら城内を駆けるペドロ。



兵士A「何か盗られたか!?」

兵士B「『宝物の間』の警備が全滅!!」

「犯人は爆薬を所持!!」


兵士C「いた」



加速するペドロ。


前方にいた屈強な兵士をヒュヒュヒュっと目にもとまらぬ速さで斬りつける。


兵士「!!?」

「え」


あまりの速さに、ペドロが離脱してようやく斬られたことに気付くほど。


兵士「速ェ!!!」



兵士2「おォ〜〜!!」

「!!!」


ガシュ!!

兵士2「ウ!!!」


襲い掛かる兵士を難なく仕留めるペドロ。
大軍の上を、壁走りで一気に駆け抜けていく。


兵士3「天井だ!!!」

「撃ち落とせ!!!」



ポイ

ジジ…!!


ペドロがダイナマイトを投げる。


兵士「ん??」

「逃げろォ——!!!」


ボカァン!!


ペドロ「ハァハァ」

息を切らしているペドロ。



タマゴ『今どこに?』


兵士『階を下りまして』

『アンバウムの3階中庭付近』


タマゴ『ガーデンに追いつめるでソワール』


兵士『了解』ガチャッ


さらにスムージーからタマゴ男爵に連絡が。


スムージー『おい!! タマゴ男爵!!』

タマゴ『!』

『スムージー様!』


スムージー『──お前の言う通りだ! もう一人いた!!』

『そっちは 囮だ!!!』


タマゴ『成程 ペドロめ 派手にやりおる』


スムージー『スキを突かれ『宝物の間』に侵入を許し 鍵をかけられた!!』

『すまぬ迂闊だった!!』


背後には「開けろ——」とドアを叩く兵士の姿、すでにやられた兵士たちの姿も。
ちなみにスムージーは足長族。

タマゴ『成程…しかし『宝物の間』の出入り口はひとつ…!!』

『──“そこ”を死守してくれれば問題ナイデブー』


スムージー『確かにそうだな 任せろ!!』

『──もし中の護衛がやられ奴が外に出て来たら殺すが…いいか?」


タマゴ『──いえ おそらく犯人は“骨”だボン?』

『ママが欲しがる”珍獣”! 半殺しに!!』



一方、ドアをガチャン!!っとロックするブルック「ゼー」

「ゼー」


「……いやぁ」

「さっきよりずいぶん……減りましたね」

「さすがペドロさん…!!お見事」


兵士「何だ変わった生き物だな この国においても……」


ブルック「同感です!!」



一斉に動き出すチェス兵たち「かかれ!!!」

「さぞかしママが喜ぶだろう!!!」


ブルック「聞いてますよペドロさんから」

「”チェス戎兵”さん達……」

「ビッグ・マムの能力で……人の魂を入れられた兵達」


ビショップ兵、ルーク兵、ボーン兵、ナイト兵、
そしてキング&クイーン兵などがいる。

懐からズズズ…とギターを取り出すブルック。


ブルック「“魂(ソウル)”で動くんですってね!!」


兵士「フン!!」

問答無用で斬りかかるブルック。


ガキィィン


ブルック「わっ!! 何て!! パワー!!」

「ちょっと待って まだチューニングが……!!」


兵「バラバラにしてしまえ〜〜!!!」


一斉に襲い掛かる兵士たち。


ブルック「ま………ま!!」

「待ってくれだぜェ〜〜〜〜ッ♪」


ギュイ~~ン♪♪


ボッ!

ボッ!!

ボン!!


次々に兵士から魂が抜け、その場に崩れ落ちる。


兵「!!?」


ブルック「私の異名…」

「知らねェだろ!!? BABY」ゴゴゴゴ


兵「!?」


ブルック「“魂(ソウル)”…」

「“王(キング)”だぜ!!!」


唖然とする兵「え……!!!」


ブルック「取ってつけた様な魂(ソウル)が…」

「私の執念の“魂(チャマスィー)の叫び”の前に!!」

「立ってられる筈ないんだぜ!!!」


【囚人図書室】


訪ねて来たのはプリン。


オペラ「ん?」

「プリン!」


ルフィ「え……プリン!?」


プリン「オペラ兄さん……」


ルフィ「おーい プリーン!!!」


プリン「少し中でルフィ君達とお話をしても?」


ルフィ「逃がしてくれー!! 捕まっちまったよ!!!」


オペラ「ルフィくん……?」

「ああ……構わんファ」


兵士「──ではしおりをハサみます!」


しおりで檻をこじあけるようにしてプリンが中へ。


ルフィ「おい!! プリン! おれ達海岸へ行ったんだぞ!?」

ナミ「こらルフィ! 他の奴も聞いてる!」


プリン「……やられたのね」

「ルフィ君…ナミちゃん 兄や姉に…ひどい事されたんでしょ?」

「ごめんなさい…!!」


「約束の海岸へ行けなかった事も……本当にごめんなさい!!」ヒソヒソ


ナミ「そんな……プリン」


オペラ「んん〜〜? 何だあいつヒソヒソと……」



そのころ、サンジは庭で花を摘んでいた。


プリン「私……サンジさんにプロポーズされたの」


ルフィ「!!?」

「………え」


ナミ「…………!!」


固まる2人。


プリン「嬉しかった……」

「………!!」

「………!! でも」


「彼は私を気づかってくれてるだけよね…」

「私はみんなを苦しめてる……」


「──だから安心して」

「私……結婚しないわ」


ルフィ「??」


プリン「聞いて……」ヒソヒソ


何かを耳打ちする。

ルフィ ナミ「「!!!?」」


2人の顔色が変わる。

そのまま立ち去るプリン。


慌てて叫ぶルフィ「おい待て!! プリン何言ってんだ!?」


プリンは涙を流しながら笑顔を見せる。


プリン「さよなら」

ルフィ「!!!?」


ワンピース(Onepiece) 849話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ブレアウィッチ2続編ネタバレ感想まとめ!ブレアウィッチプロジェクト1999の正統続編公開 [映画]

1999年公開され世に衝撃を与え一世を風靡した、
映画史上最恐とも言える「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」。

制作費600万で作られたという同映画は、
ハラハラドキドキのホント衝撃的な映像でした。



スポンサードリンク





そのオチは「役者がカメラを持って走り回るだけ」でしたが、
映像の撮り方や物語の核心が分かりそうで分からない手法と、
役者の演技が抜群の出来栄えでした。


今回その続編となる映画の予告編と本ビジュアルの公開が、解禁となりました。

その映画の名は「ブレア・ウィッチ」。
情報解禁時「ザ・ウッズ」だったがタイトル変更となりました。


『ブレア・ウィッチ』予告編(90秒)
https://youtu.be/F3nqI-l2DuI


前作品のあの恐怖を思い出しながら、
今作「ブレア・ウィッチ」の予告編やあらすじを
ご紹介していきたいと思います。

前作のあの事件、主人公・ヘザーが行方不明になり、
それから20年が過ぎた所から始まります。

主人公・ヘザーの弟・ジェームズがYouTubuで姉らしき人物が、
映る映像を見つけます。



ジェームスは仲間を連れ姉・ヘザーを探しに行くことを決意し、
姉の後を追うように”あの森”に入って行くのです...


’99年に公開され約600万という低予算で制作されながらも、
世界興行収入255億円の大ヒットを記録。

カメラの視線と人物の視線を一致させるようなカメラワークで、
フェイクドキュメンタリー作品の先駆けとなりました。



’00年に「ブレア・ウィッチ2」が公開されましたが、
あれは正当な続編ではないそうです。

前作の影響を受け起こった殺人事件を描いた作品とのこと。



前作で失踪したヘザーを探す直接の続編となった、
「ブレア・ウィッチ」が”正統な続編”なのです。

17年ぶりに公開される”正統な続編”「ブレア・ウィッチ」で、
ヘザーをあそこまで怯えさせた者が何者なのかが暴かれるのでしょうか?


前作でヘザーが泣きながらカメラに言っていた、
「目を閉じるのが恐い」
「目を開けているのも恐い」
彼女をそこまで怯えさせた正体とはなんだったのか?

そしてジェームスたちはその真相に生きてたどり着けるのか?



映画の公開は12月1日、全国ロードショーです。
どうぞお楽しみに!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

浦沢直樹展大阪展の料金や日程は?原稿もカメラ撮影可能!?ちょっと面白そうだから行ってくるわ [漫画]

鬼才・浦沢直樹。
の浦沢直樹展(大阪展) が2016年11月26日より大阪で開催されます。



スポンサードリンク





本展では、『パイナップルARMY』『YAWARA!』『MASTERキートン』『Happy!』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』――発表してきた作品すべてを「代表作」と呼べる、稀代のヒットメーカー浦沢直樹の33年にわたる浦沢直樹の世界を体感していただきます。本展では、単行本一冊丸ごと分の原稿展示をはじめ、ストーリーの構想メモ、ネーム、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートまで、浦沢直樹のペン先の熱量に触れることができる膨大な手稿を公開します。









開催概要

会期 2016年11月26日(土) - 2017年1月25日(水) 
開館時間=11:00~18:00
※12月26日〜31日は休館 
※金曜日は19時まで開館、最終入場は閉場30分前まで
会場 大阪南港ATC特設会場 (ITM棟2階) 
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10


チケット料金
      一般(高校生以上) 小・中学生 ペアチケット
前売券    1,100円      500円    2,000円
当日券    1,300円       600円


企画チケット
◇「よげんの書」ノート引換券付チケット

20世紀少年に登場する「よげんの書」をモチーフにしたA5サイズのリングノートがついたチケットです。
※ローソンチケット限定販売
※商品は会期中に会場で引換券と交換でお渡しします。
2,000円

◇「特製クリアファイル」引換券付チケット

浦沢先生描きおろし!「YAWARA!」の猪熊滋悟郎がデザインされた大阪限定デザインのクリアファイルがついたチケットです。
※チケットぴあ限定販売(セブン-イレブンでの購入・発券に限ります)。
※商品は会期中に会場で引換券と交換でお渡しします。


会場ではグッズも多数販売!











スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ブラッククローバーネタバレ最新88話確定!アスタ必殺技 暴牛の刺突炸裂!【最新89話】 [漫画]

週刊少年ジャンプ連載「ブラッククローバー」最新88話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





フィンラル「ノエルちゃんの一撃でサラマンダーを鎮めた──…」

「今しか無いッ!!」


アスタ「よっしゃあああ!! いよいよオレの必殺技ををを」


魔導書を開くファナ「させない……!!」


「鉱石創成魔法 "ハルパー"」


空中に次々に結晶が現れ、手裏剣のようにアスタたちへと襲い掛かる。



必死にそれらを叩き落とすアスタ「うおおおおお」

「だから何で炎以外の魔法が使えんのォォォ!?」

「ズルすぎでしょー!」


しかしアスタは戦いながらある考えに思い至る。


アスタ(──この魔法…!!)



ファナ「炎回復魔法」

「”不死鳥(フェニックス)の羽衣”」


倒したはずのサラマンダーが回復していく。


フィンラル「回復魔法も使えるんだったアアァァァァァ」


アスタ(…それにあの魔法も)

(やっぱり───)

「おぉーーーいオマエ~~!!」


ファナ「!」

アスタ「もしかして顔色の悪いツンツン頭の」

「兄ちゃんか弟いないかァァァ~~~!?」


ファナ「……」

アスタ「森の反対側から来てますよォォ~~~!?」

フィンラル「急に何言ってんの!? アスタくん」


ファナの顔色が変わる。
明らかに動揺が浮かんでいた。


ファナ「そんなヤツ知らない…!」

「私に兄弟がいるとしたら…それはリヒトや村のみんなよ!!」

「みんなの恨み…思い知れ!!」

「一人残らず殺してやる───!!」



アスタ「だ~~もう全然話通じねー!!」

「やはり回復する前にオレの必殺技を止めるしか…」

フィンラル「ちょっと待ったアスタくん!」

「さっきから言ってるその必殺技って何!?」


アスタ「ふふふよくぞ聞いてくれました…!」

「それはですね 二本の剣を突き出し構えてものすごいスピードで空中をぶっ飛び突っ込むんス…」

「その名も───」


バネッサ&フィンラル「そんなこと出来るかっっ!!」

アスタ「え!? ムリっすか!?」


フッと笑うバネッサ「私達がいなかったらね───!!」


「…相変わらずめちゃくちゃなこと考えるわね…!!」

「私達に手伝わせなさい!!」


アスタの頭に糸をくっつけるバネッサ。


(アスタ…さっき言ったわよね…)

「きっとその技──」

(一人で勝てない運命に勝つために──)

「とんでもない威力になるわよッ」


バネッサとフィンラルの箒から伸びる2本の糸にアスタがくっついている。

バネッサ「行くわよォォ───!!!」


ドンっとアスタが飛び出すと同時にサラマンダーが完全に回復し、立ちはだかる。


フィンラル(遅い!!!)


バネッサ(仲間がいるって!!!)


さらに加速するアスタ。


バネッサ(一度放たれたこの技は──)

(絶対不可避の必殺の刺突!!!)


アスタ「誰もオマエに 殺させねェェェェ!!!」


「暴牛の刺突(ブル・トラスト)!!!!」


アスタの剣がファナとサラマンダーを貫いていく。


フィンラル「…や…」

バネッサ&ノエル「やったーーーー!!!!」


アスタ「いよっしゃぁぁぁ!!!」

「必殺技大成功!!!」


崩れゆくファナ(……そん…な……)

(…リヒト──…)



その戦いを、大きな水晶玉のようなものを通して見ている女王

(これほどの力が──…!!)

「どうやら口だけでは無かったようね……」

「もう一方は──…」



森の反対側、攻め込んできたダイヤモンド王国の前に立ちはだかる一人の男。


カズレーザー似の男「何だぁ~~? アイツは──?」

「魔女じゃないよねー」

「これだけの大群の前に一人で出て来るって…馬鹿なのかな~~~?」



その男はファンゼル

※小説版で活躍したキャラ。


ファンゼル「マルス!!」

「私が分かるか!?」


マルス「………」

カズレーザー「あれ~~?」

「もしかしてあのオジサンは…」

「僕らの先生だった人かな!?」


ファンゼル「………ラドロス」

カズレーザー(ラドロス)「先生をこの手で可愛がれるなんて…」

「やったね♪」


手のひらから炎を噴き出すラドロス。


大きな炎の塊を一振りで斬り捨てるファンゼル。


ラドロス「ヒュ~~♪ 流石先生だ!」


ファンゼル「…やはり君達はもう…」

「昔の君達ではないんだね……」


「ならば自らの過去を……」

「我が魔法で 償おう!!」

古巣に挑む風の魔剣士! その実力を見よ!!



ブラッククローバー 89話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂ネタバレ最新614話確定!ななんとエリザベスが大活躍!? 【最新615話】 [漫画]

銀魂 最新614話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





ハタ皇子「兄者 いるよ」

「父上の言った 跡継ぎにふさわしい皇子なら」

「チンコがデカくて有能な皇子なら」

「ここに」


墓前から立ち去ろうとした兄を呼び止めるハタ。


ハタ「チンコがデカイ余と」

「才能に溢れる兄者」


「二人力を会わせれば余達は」

「伝説の皇子ドラゴニアになれる」


「だから余は」

「皇子のままで待っているよ」

「王(ドラゴニア)の……」

「余の兄弟(かたわれ)の帰りを」



バルカス(兄)皇子ナレーション:
そんな弟を1人残し
兄は国を去った

平和な国には優しき王が似合うように

俺には俺の
ふさわしき国があるはずだと



戦地に身を投じる兄バルカス。
額当てで素チンを封印し、一気に敵陣へと突っ込んでいく。

敵将の元に迫るも、敵将が負けじとバルカスを止める。

当時の敵将は圓翔。


圓翔「ほう 手ぬるき隣国に」

「かような火のような男がいたとは」

「貴様何者だ」


バルカス皇子(紫雀)「皇子であろうと雑兵であろうと関わりはあるまい」

「皆等しく屍として地に転がるが戦場ではないか圓翔皇子」


バルカス皇子ナレーション:
名前も
地位も

チンコも捨て

俺は俺の戦場(くに)を求め
戦い続けた

だが戦って戦って
その果てにたおりついた戦場(ばしょ)は


【回想終わり】


紫雀『結局』

『ここだったよ』


『弟(ハタ)』

『未だ兄の帰りを待ち続けるお前を見て思った』


『私は戦ってなどいない』

『ただ逃げ続けていただけだったんだと』


『私の戦うべき戦場は』

『最初から目の前にあった』


『だが私はその戦いから』

『重責から恥辱から逃げたのだ』


『ハタ すまなかったな』

『お前を一人で戦わせ続けて』


『私はもう』

『どこにも逃げたりしない』


『デカチンの弟の隣でいかな恥辱にまみれようと』

『偉大だったドラゴニア皇子の弟として いかな重責に押し潰されようと』


『私は お前の隣で戦う』


『この』

『祖チンをさらして!!』


銃を構える兵士たちを牽制する紫雀。


『控えよ!!』

『者ども!!』


『我等こそが偉大なる央国星の王』

『ドラゴニアであるぞ!!』


じい「お…」

「皇子…!?」


ダン「バ…」

「バカな!!」

「あの方が…生きていただと」

「そんな事が… ありえるはずが…」


バルカス『ダン』

『一度はこの私を王にと担いだお前達だ』


『ここはこのバルカスに免じ その銃を降ろしてくれぬか』


『今はチンコが大きい小さいで争っている場合ではない』

『祖チンもデカチンも チンコを一つにし戦う時なのだ』

『そのためにデカチンのハタと祖チンの私が王になろうというのだ』


『そう 皆で力を合わせ解放軍を……」


ダン「惑わされるな!!」

「銃をとれェ!!」

「あの方は死んだのだ!! 我等『粗チン派』を惑わす亡霊をかき消せェェ!!」


バルカス『私が信じられぬかダン』

『ならば私に会いに来い お前と変わらぬ祖チンを見せてやる」


ダン「ぐ…何をしている!!」

「早く撃たぬか!!」

臣下「し…しかし ダン大臣」

「あの…巨大なデカチンはまぎれもなく…」


紫雀『………』

『デカチン?』


『…え? デカチンって…』

『一体誰のこと?』


ダンも桂も、何かに釘付けになっている。


桂「エ…」

「エリザベスぅぅ!!」


兵「なっ…なんじゃこりゃあ!!」

「気絶したエリザベスさんから とんでもねェ猥褻物が!!」


じい「…皇子」

「皇子は幼かったゆえ覚えておられぬかもしれませんが」

「この爺やめの目には今もしっかりと焼きついております」


「あの龍の髭のような巨大なチンコ…」

「あれは…まぎれもない」

「央国星三皇子の長兄」


「王になる事を約束されながら不遇の事故で落命したとされていた」


のそっと立ちあがるエリザベス。


「伝説の皇子」

「九龍公子」

「ドラゴニア!!」

紫雀『いや』

『そっちイィィィィィィィィィ!!?』


『まさかそっちにも皇子いた!?』

『ひょっとしてみんな私の話全然きいてなかった!?』

『ねェ ハタ!! ねェ ダン!! きいてる!?」



ダン「撃てェェェェ!!」

「早く撃てェェ!!」



カッと目を見開くエリザベス『九頭龍殲!!』


巨大なチンコで兵士たちを一網打尽にするエリザベス。


じい「な…なんとういう力…!!」

「まさしく九つの亀頭(あたま)を持つと言われた九龍の名に違わぬ御技!!」


ハタ「爺や アレ 九龍の技っていうか他人(ひと)様の技じゃないの!? ただのクズの龍閃じゃないの!?」



じい「生きておられたのですねドラゴニア皇子!!」

「お姿はすっかり変わられたが そのチンコ 爺やはしっかり覚えておりましたぞ!!」


ハタ「爺や チンコっていうかアレ ガチの方の奴じゃないの!?」

「ガチで股から生えてる方の奴じゃないの!?」


桂「エリザベス…お前」


ドラゴニア(エリーのチンコ)「…桂さん 俺は自分が何者かも解らないまま生きてきました」

ハタ「爺や!! チンコしゃべってっけど!!」

ドラゴニア「自分はどこで生まれた何者なのか考える事もなく 疑問に思う事もなく生きてきました」


ハタ「爺や 兄者どっちコレ!? 本体どっちコレ!? 兄者ってこんなんだったの!?」


ドラゴニア「だが頭を強打した時に微かに見えた気がしました」

「俺は多分 昔…自分が何者かも解らなくなるほどの事故に遭った」

「そして死地をさまよい」


血まみれのドラゴニアの元にエリザベスっぽい群れが。

『君も今日から僕らの仲間だね』


その一人を突き刺すドラゴニア。
そのまま大きな爆発が起きる。


【回想終わり】


ドラゴニア「細かい事はよく思い出せません ただ一つだけハッキリ思い出した事があります」

「俺の名は………ドラゴニアだと」


ハタ「いや ドラゴニアじゃねェだろ!!」

「今の記憶の断片何!? むしろ途中で出てきた奴の方がお前っぽかったろ」

「誰がお前で 何であそこから最終的に兄者がこうなるワケ!?」


じい「細かい事はよく解りませんがチンコがデカいんで別にいいんじゃないスか」

「ドラゴニア皇子 我々はあなたの帰りを 王の帰りを待っておりました」


ハタ「てめーはチンコしか見てねェのかクソジジイ!!」


臣下「皇子無事ですか!! 銃声が!! こっ…これは一体何が!!」

「あっ…あのチンコは!!」


ハタ「オイ そち達も何か言ってやってくれ」

「爺やが この化物チンコをドラゴニア皇子とか言い出して…!!」


敬礼する臣下「我等が王よ あの無礼な豚を射殺する命令をお与えください」


ハタ「チンコだけで即鞍替え!? 尻軽すぎんだろ貴様ら!!」


じい「我が国は長きに渡り王が不在の時代が続いておりました」

「それは王の遺言であり チンコがデカくて有能な後継者を待ち続けていたからです」

「どうか国にお戻りになり」

「バカ皇子が荒らした国を再建していただけませぬか」


ハタ「誰がバカ皇子!?」


チンコ「……」

「ドラゴニアなんて俺の中にはもういない」


エリザベス『あるのは空っぽの名前だけだ』


チンコ「俺はもう 央国星のドラゴニアじゃない」


エリザベス『地球のエリザベスになってしまったよ」


ドラゴニア「だから俺に王になる資格はない」

「だが」

「王になれなくとも」

「お前達の王を取り戻すため一緒に戦う事はできる」


「1人では足りぬ王かもしれない」

「だが二人なら」


「いやお前達が支えてやれば」

「きっといい王になる」


「だからお前達も俺達と一緒に」

「戦ってくれないか」


「宇宙に1人ぼっちの地球の」

「友達になってやってほしいんだ」


銀魂 615話 ネタバレへ続く!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ワンピースネタバレ最新847話確定!魚人島伝説の宝玉手箱が登場?【最新848話】 [漫画]

ワンピース(Onepiece)最新847話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





扉絵リクエスト
「レベッカとトンタッタ族がキュロスの誕生日を祝っているところ」


号泣のキュロスと、窓の外からこっそりのぞいているリク王。



【“鏡の世界(ミロワールド)”ブリュレの家】


■キャロット大ピンチ!!?


吊るされているキャロット「チョニキ〜〜〜!!」

「助けて〜〜〜熱いよ〜!!!」


ブリュレ「ガタガタ騒ぐんじゃないよ!!! 小娘っ!!」


グツグツと煮込まれた大鍋の上に吊るされるキャロット。


キャロット「え〜〜ん 食べないでよー!!」

ワニ「人間は食わないけど ミンク族はギリギリ食ってみる」


チョッパー「キャロットを離せブリュレ!!!」

「本物のウサギじゃないんだから!! マズイに決まってるだろ!!」

ワニ「え…そうかな(汗)」

「じゃあ やっぱりやめようかな」


ブリュレ「黙っておいで珍トナカイ!! お前はママの珍獣コレクションに入るんだ!!」

縛られているチョッパー「…………!!」

(……よし…!! 何とか…!!)

(この状況までこぎつけた…!!)

(『ヘビーポイント』で縛られたから 変身すればこの鎖は一瞬で抜け出せる…!!)


(昨日使ってから6時間経過してるから『モンスターポイント』ももう使える!!)



キャロット「迷惑かけた〜〜ペドロに起こられる〜」


お鍋「おいし〜スープができたらドボン♪だ」


チョッパー(チャンスだ!!)


【ホールケーキアイランド】

【首都 スイートシティ】


【ホールケーキ城 ——図書室——】


ビッグマム「“本”の中には無限の世界が広がるものさ…」

パラパラと本をめくり、イチジたちに見せるビッグマム。


「ホラこれは世にも珍しき人の顏を持つ人食いライオン…」

「『マンティコラ』」2年前の“黒ひげ襲撃事件”の時に」

「『インペルダウン』から逃げ出した珍獣だ」

「フンドシフンドシ」と本の中で動くマンティコラ。


イチジ「……」


ビッグマム「こっちは自慢の一頭!」

「『ユニコーン』!!美しいだろ?」


レイジュ「おしい……でも 本の中で生きてる……!!」


ビッグマム「『本』の中にいる者達は永遠に歳をとらねェ」

「当然だよね 開く度中身が変わるなんてある筈がない…!!」

「この図書館の本には世界中の珍しい生物達が封印されてんだ!!」

「我が子 モンドールの能力だよ」

ヨンジ「スゲェ!!!」

だが図書館には「ガルルルル…」という唸り声だけでなく、「助けてー…」という人の声も響く。


ジャッジ「…………」


ビッグマム「最近じゃパンクハザードのケンタウロスに」

『出してくれー』


ヨンジ「……」

「“南の海(サウスブルー)”で見つけたグリフォン」

『クアー!!』



ビッグマム「こんなのもいる…!! 手長族と足長族の混血 “手足長人間”…!!」

レイジュ「……」

『助けてくれー!!』

ニジ「人間まで…!!」


ジャッジ「ビッグ・マム──この国に入った時から実に多種多様な種族を目にした…」

ビッグマム「そりゃそうさ!! それこそが“万国(トットランド)”の目指す…」


ジャッジ「──しかしどうにも見かけない種族がいて気になっていた…いれば目立つ筈だが…」

「“巨人族”だ…!!」


ビッグマム「!!!」ピクッ

「…………」

上機嫌なビッグマムが一転、ジャッジを睨みつける。


ジャッジ「全種族の住む国と謳われている割には……一人も見かけていない…」

「大きめの人間くらいしかな…」


ビッグマム「ふん…そうかい? 偶然見かけなかったんだねぇ…」


「ママ!!」と慌てて入ってくる兵士。

ビッグマム「!?」


兵士「マ…マママ……!!」

「例のふた…ふた2人をれれ…連連連行しましまっ!!」


ビッグマム「……じゃあ悪いが…今日は多忙で」

「あいにくの天気だが…よい午後をねェ…!!」



去り際、緊張してる様子の兵士に声をかけるビッグマム。

「──どうした」

兵士「い…いや…緊張して…」

「本物の 『ジェルマ66(ダブルシックス)』」

「特にイチジ様とレイジュ様の裏切らねェクールさに……♡」


ビッグマム「おだまり……!!」

「バカだね 絵物語に感化されやがって…」

「──必要なのは表面(うわべ)じゃねェ…!!」



【ホールケーキ城内——『囚人図書室』】


2mほどもある本の前にはボビン、アマンドにペロスペロー、そしてオペラたちの姿。


モンドール「ああ閉じちまった」

「えーと何ページに入れた?」

ガレット「55ページ」


ペロスペロー「ほう!! こいつらか いい顔構えだ」

「ペロリン♪」


牢屋のようなページに、繋がれたルフィとナミの姿。


モンドール「いた」


ナミ「何なのこの部屋!! 出してよ!! シャワールームは!?」

「水あめで全身ベタベタなの!!」


【S(シャーロット)家 長男 ペロスペロー】

ペロスペロー「くくく!! それは甘そう♪キャンディーちゃん」

ナミ「!!」


ペロスペロー「ママ登場だ」

ルフィ「!」

「あァ!?」


ビッグマム仕様の電伝虫がルフィの前に置かれる。


ビッグマム『久しぶりだね“麦わらのルフィ”…!!』

『とうとうここまで来たかい…』

ルフィ「ビッグマムか!!?」

ナミ「電伝虫……!?」

ルフィ「こっから出せ!!! おれは戻らなきゃならねェんだ!!!」

「全部ブッ壊してでも出て行くぞ!!!」


ビッグマム『ママママ…おーおーまだその意気はあったのかい』

『一味全員で来てくれねェから 魚人島での約束を忘れちまったのかと思ったよ』


ルフィ「……ああいつかブッ飛ばしてやるよ!!」

「だけど今は!! ただサンジを連れ戻しに来たんだ!!!」


「戦いが望みなら出て来いよビッグ・マム!!!」

「今ここで勝負してやる!!!」

ビッグマム『……………ハハハ』

『調子にのるな つい最近“新世界”入りしたばかりのルーキーが…』


モンドール「…」

オペラ「ハハハ」


ビッグマム『おれに謁見しようなぞおこがましい…!! お前を殺すのにおれが出ていく必要もない』

『サンジの事をきれいに諦めれば殺さずに帰してやる』

『サンジとプリンの結婚式はおれにとって特別な意味を持つ……!!!』


ルフィ「………!!」


ビッグマム『──ひとまず全てが無事終わるまで そこで大人しくしてな……』

『おれの楽しみを奪ったら…』

「──それは本当に…」

「ただじゃおかねェ!!!」ドン!!


『──お前覚えてるかい? 魚人島で』


ルフィ「………!!」


ビッグマム『おれに納める筈のお菓子を食っちまったお前は……』

『ネプチューン王から貰った宝を全部おれにくれたのを』


ルフィ『これ全部やるよ!! お菓子の弁償する』というルフィの描写。


ビッグマム『ママママ…そこに何が入ってたと思う?』

『ハ〜ハハハ返せなんて言うなよ?』


『魚人島に代々伝わる“伝説の宝箱”』

『「玉手箱」だよ!!!』

『ネプチューンはどうしてアレを手離したのか』

『まさに“国宝”ってやつだ…!! 一体何が入ってるのか!!』


『おれは『宝箱』が大好きでね……』

『だからあのお菓子の件はもういいよ……アレも明日のお茶会で皆の前で開けるのさ〜〜!!!』

『楽しみだ!!」


ルフィ「楽しくなんかなるか…!!」

「サンジは結婚なんかしねェ!!!」


ビッグマム『……』


ルフィ「——!!」

「そうだ プリンに会わせろ!! 話をさせろ!! あいつ友達なんだ!!」

ナミ「ルフィ!! プリンの事は…」


ビッグマム『……友達? ハハハ…』

『バカ言え 花嫁がなぜお前と友達になる』


『──時に娘……』

ナミ「!」

ビッグマム『そういやお前……ローラを殺したって?」

ナミ「!!」

「何言ってんの!? ローラは友達よ!!」

「“命の紙(ビブルカード)”は友情の証に貰ったの!!!」


『いつか何かに困ったらこれを辿ってママに会うといいわ!その時は私も元気でやってたって伝えてね』


ナミ「『ローラは元気でやってた』これが伝言!! 伝えたわよ」

「母親も海賊だとは聞いてたけど…まさか『四皇ビッグ・マム』だとは思わなかった」

「『命の紙(ビブルカード)を見せれば…きっと助けてくれるってローラは……」


ビッグマム『フザけんじゃねェよォ〜〜〜〜〜!!!!』

ナミ「!!?」


ビッグマム『元気でなくて結構だよ!!! 死ねよ!!!』

ナミ「え!? …!!」

ビッグマム『居場所を知ってんなら教えな!!』

『すぐに殺し屋を送り込み消してやる!! ──まだ親子のつもりでいる事に驚いたよ!!』

『親の心子知らずとはこういう事だろ…!!!』

『あいつは過去最大の政略結婚を蹴って逃げた“背徳(バカ)娘”だ!!!」


ナミ「え…」


ビッグマム『おれァ 許さねェ!!!』


【回想】

ローラとの思い出が蘇る。


「私を嫁にあげる!!」

「特にあんた!! 結婚しない!?」

「アブサロムは私が婿に貰うのよ〜〜〜!!!」


ナミ「すごくお似合いっよ 私 応援したいと思ってたの!!!」

ローラ「えェ!? ホント!?」


ローラ「助けに来たのよ!!マイフレンド!!」

ナミ「ローラ!」


アブサロムの攻撃を受けるローラ。

ナミ「ローラ!!!」


そして元の姿に戻ったローラ。

ナミ「ローラ!! また会えて嬉しい!!」


「特別よ? ナミゾウと私は 姉妹(きょうだい)分だからね」


【回想終わり】


ナミ「………ローラ…」


ビッグマム『もしも……!! あの時!! あいつさえ黙って結婚してりゃ…!!』

『得られた力は強大だった…!!!』


「おれはとっくに!! “カイドウ”も“赤髪”も!! “白ひげ”さえもブッ潰して!!! 今頃は…!!!」


「『海賊王』に!!!」

『なってたんだァ〜!!!』


嵐がさらに勢いを増していく。


ナミ「…………!!」


ビッグマム『ローラの友達…“泥棒猫ナミ”』

『吐いて貰うよ“あいつの居場所”』

ナミ「!!」


ルフィ「つまらねェ話だなビッグ・マム」

ビッグマム『!?』


ルフィ「結婚“しなかったのが”ローラだろ……!!」

「『海賊王』に“なってねェのが”…お前だろ!!!」


「──もう一度ケンカ売ってやる!! 『四皇』だからってふんぞり返ってんじゃねェ!!」

「サンジは必ず取り返す 最後に勝つのは……!!」

「おれ達だ!!!」


ビッグマム『!!!』



【客間】

1人頭を抱えるサンジ。


サンジ「………」

(頼むから…)

(みんな無事に引き下がってくれ…)


【ホールケーキ城】


ボゴオォン!!


「!!!」

「侵入者だァ!!!」

「タマゴ男爵!! 虎のミンク族です!!」

「ジャガーだ!!」


タマゴ「ペドロ やはり城へ侵入してたか」



一方ブルックが仕込み杖から刀を取り出す。


「──さてさて海賊四皇ビッグ・マムのお城にて」

「始めますか!!!」

「スペシャルライブ!!!」


次週へ


ワンピース(Onepiece) 848話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

初代ポケットモンスター赤緑には6大都市伝説が存在した!その内容とは? [ポケモンGO]

初代ポケットモンスター赤緑には都市伝説が存在した!
一体どんな内容都市伝説なのか?
詳しく説明していきます。



スポンサードリンク





その①
バタフリーとモルフォンの進化は実は逆だった 。

「トランセル⇒バタフリー」という進化ではなく、
「トランセル⇒モルフォン」。

「コンパン⇒モルフォン」という進化ではなく、
「コンパン⇒バタフリー」が本当だった。

逆になってしまった理由は製作者側のミスだと言われている。


その②
ルージュラは人種差別の象徴 。

ひとがたポケモン「ルージュラ」の黒い皮膚や大きな唇が、海外から「黒人差別」を助長するという批判を受けたというもの。
その影響で、ファイアレッド・リーフグリーン以降からルージュラの肌色が、黒からあずき色に変更されたという噂。


その③
ライバルのラッタは実は死んでいた。

ライバルが主人公に勝負を挑んでくるとき、手持ちポケモンの中に始めのうちはラッタ(または進化前のコラッタ)がいた。

ポケモンタワーの中でライバルは主人公に対してこんなことを言う。
「お前のポケモン死んだのか?生きてんじゃん」

元々この建物はある老人がポケモンの供養のために建てたもの。
ゲーム進行のために攻略しなければならない場所だが、メインストーリーにはあまり関係がない。主人公以外だと用事もなければ来る必要のない場所である。

このことから、都市伝説ではライバルが途中で死んでしまったラッタの墓を建てるためにこの場所を訪れたとされている。

その④
カラカラの親はガルーラ説。

ガルーラのお腹の子と腹の模様が一致。骨がほぼ一致。
図鑑の説明では『ははおやの ほねを あたまに かぶっている』とあり、ガルーラは♀しかいない。
つまり確実に母身なので噛み合う。


その⑤
ゲンガーはピクシーの死霊?

ゲンガーの正体は、ゴーストがピクシーに取り憑いた姿という説。
以下ゴース、ゴースト、ゲンガー、そしてピクシーそれぞれの身長、体重である。
ゴース(1.3m/0.1kg)→ゴースト(1.6m/0.1kg) →ゲンガー(1.5m/40.5kg)
ピクシー(1.3m/40.0kg)

ご覧の通り、ゴーストからゲンガーに進化してから、急に体重が増えている。
しかし、身長はそれほど変化していない。
ゲンガーとピクシーのステータスが似ているだけでなく、姿も似ていることもあり、このような噂 が語られている。

その⑥
ロケット団が地下通路で毒ガスを散布するイベントがあった。


ヤマブキシティはロケット団が占拠している町であり、最初のうちは入れない施設も多い。
そんなヤマブキシティには、東西にのびた地下通路が存在している。
この地下通路、特に何かイベントが発生したりということはなく、ただ通り過ぎるだけの味気ない道である。

噂によると、制作段階ではこのイベントが決定事項だったそうな。
だがこれは、発売前に地下鉄サリン事件が起こったことで急遽カットされることになったと言われている。


以上、ポケモン赤緑の都市伝説まとめでした。


スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ポケモンSM ネクロズマ入手方法と入手場所が判明!第3の伝説ポケモンの種族値まとめ [ポケモンGO]

スポンサードリンク





『ポケットモンスターサンムーン(ポケモンサンムーン)』に登場するネクロズマの捕獲方法や捕まえられる場所など、捕まえ方を解説します。
クリア後にウルトラビースト(UB)関連のサブイベントをすべて終わらせることで、テンカラットヒルに出現するようになります。







スポンサードリンク





ネクロズマの種族地

ネクロズマ 97/107/101/127/89/79 エスパー プリズムアーマー(ハードロックと同じ効果)

L1 – つきのひかり
L1 – あさのひざし
L1 – チャージビーム
L1 – ミラーショット
L1 – メタルクロー
L1 – ねんりき
L7 – きりさく
L13 – アシストパワー
L19 – ロックブラスト
L23 – つじぎり
L31 – じゅうりょく
L37 – サイコカッター
L43 – パワージェム
L47 – ボディパージ
L53 – ステルスロック
L59 – てっぺき
L67 – しぼりとる
L73 – プリズムレーザー
技マシン
サイコショック/めいそう/どくどく/めざめるパワー/はかいこうせん/ひかりのかべ/まもる
やつあたり/ソーラービーム/じしん/おんがえし/サイコキネシス/かわらわり/かげぶんしん
リフレクター/がんせきふうじ/つばめがえし/からげんき/ねむる/どろぼう/りんしょう
なげつける/チャージビーム/ぶんまわす/さしおさえ/シャドークロー/スマートホーン
ギガインパクト/ロックカット/ストーンエッジ/でんじは/ジャイロボール/つるぎのまい
じならし/いわなだれ/シザークロス/いばる/ねごと/みがわり/ラスターカノン
トリックルーム/あくのはどう/ないしょばなし


ネクロズマを入手するには、クリア後に捕獲可能になるウルトラビーストの捕獲イベントを全て終わらせている必要があります。

ウルトラビースト捕獲までの流れ

①エンディングを見る
②8番道路のモーテルでイベント発生
③リラとのバトル後、エーテルパラダイスのビッケからウルトラボールをもらう。
④ウルトラビーストが捕獲可能に。

ウルトラビーストの出現場所

リラと話すとウルトラビーストの場所を教えてくれます。
1体捕獲するごとに次のウルトラビーストの出現場所が判明。
1体目はUB-01 (ウツロイド) 。

ネクロズマの入手方法

場所:テンカラットヒル
ストーリークリア後、ウルトラビーストの捕獲イベントをすべて終わらせ、ハンサムから報酬を受け取っていることが条件。

ハウオリシティはずれ側の入り口からテンカラットヒルに入り、ケンタロスにライドし、岩を壊しながら進んで、草むらのある広場に出ます。

広場に出てまっすぐ進み、突き当り左の草むらにネクロズマが野生で出現します。

出現するネクロズマのレベルは75と非常に高い。








ネクロズマ是非手に入れて下さい。



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

キングダムネタバレ最新498話確定!鄴攻めの総大将は王翦オウセン将軍!?【最新499話】 [漫画]

キングダム、最新498話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





◆若き三将を待つ、歴史に残るであろう苛烈な戦い!!
彼らは率いる総大将は一体誰になるのか…!?

屈強たる兵士達が次々と集い、戦への扉が開かれる──!!?


秦の兵士たちが続々と集まる。
その規模に圧倒される弓矢兄弟。


淡「これ すっすっごい人数」

「つ ついに俺達 本当にっ…」


兄「ああ」

「戦争に行くんだ」


■中華統一へ。

地上に広がる、兵(つわもの)どもの気迫と興奮──。


見渡す限り全て兵士で埋まっている。


キングダムのネタバレ 最新498話499話の あらすじ確定


ドッドンドン

「中卓隊到着したぞォ」
「オオ」



飛信隊の新兵たちもざわつく。

新兵「干斗 いよいよだな」

干斗「ああ」



「つか何だこの熱気は」
「息苦しいぞ」
「いったい何人いるんだこれ」

「ち ちびりそうだ俺」
「だからさっき小便しとけって言ったろうが」


「しっかりしろ新人共」と声をかける楚水。

「練兵は十分にした」

「自信をもって胸を張れ」

「俺達が飛信隊だとな」


新兵「……楚水副長っ」

「オオ!!!」

槍を高々と掲げる新兵たち。



松佐「──にしても今回の軍の規模はかなりでかいなー」

崇原「ああ 合従軍以来の大軍だ」

「本営は相当気合いが入っているぞ」

松佐「──そうなるとやっぱりここで気になるのは──」

「この大軍を率いる総大将は一体誰だって話だよなァ」

崇原「ああ」


松佐「何か聞いてないスか 渕副長」

渕「いや…私もずっと気になって信殿に聞いていたのだが」

「今日まで明かせないと 結局教えてもらえなかった」


崇原「俺達もです」

松佐「なーんか総司令に呼び出しくらってから」

「信と河了貂の肩に力入ってんだよなァ」


「情報漏れを恐れて大将の名すら隠す程慎重ってことは──」

「今回の戦 相当やばいと見たね これは」


「ハハ」と笑う松佐とは対照的に、信や河了貂の表情は硬い。


とそこで壇上に人影が。


尾平「あっ」



現れたのは昌平君。


昌平君「これより全軍で趙”西部”へ攻め込む!!」


兵士たち
「!」
「総司令」
「総司令!!」

飛信隊新兵
「あれが軍総司令様か」
「くっ見えない…」


渕「やはり趙西部攻略!」

「まずは黒羊へ向かうのか」


信「………」


昌平君「この一戦から いよいよ宿敵趙国と真っ向からの総力戦に入る」

「敵も必死だ」

「死に物狂いで反撃に出て来るだろう」


「だが絶対に退くな!」

「必ず勝利し 趙の地に秦の旗をかかげてこい! よいな!!」



「オオオオ!!」



昌平君「ではこれより軍を率いる将軍を発表する」


「!!」
「!!」
「将軍っ…」
「総大将だっ」

「誰が一体…」
「シッ静かにしろっ」



昌平君「壇上へ!」

「桓騎将軍!」


桓騎「フッ」

あからさまにショックを受ける飛信隊の面々。


尾平「かっ桓騎将軍…!!」

渕「……ぐっ」


「そんな またあの人の下でっ…」と他の兵士たちもショックを隠せない。


一方桓騎軍は大盛り上がり。

雷土一家が声を上げる。

「ヌォォォお頭ァァァ」
「すげェっ」
「こんな大軍の大将なんて こりゃあいよいよお頭の時代だぜ」
「ギャハハハ」



田有「し 仕方ねェ 黒羊を落とした大将だ」

「西部攻略なら桓騎将軍がそのまま大将を務めるのが自然だ」


ゴゴゴ

ゴゴゴ


兵士「ん?」



昌平君「そして軍を率いる将軍を”もう一人発表する”」


「!?」
「えっ!?」
「もう一人!?」


昌平君「壇上へ!」

「楊端和将軍!」


キングダムのネタバレ 最新498話499話の あらすじ確定 (2)


誰よりもテンションが上がる壁「なっ」

「たっ…」

「はが」


キングダムのネタバレ 最新498話499話の あらすじ確定 (3)


ドサッ


「!?」
「壁様っ」
「壁様が落馬したぞっ」



尾平「あっあれは山の民の…女王様!!」

「…ってことは…」


「来たっ」

「やっぱり来た」

「山の民の到着だァっ!!」


異様な風貌の山の民たちに飛信隊の新兵たちがビビりまくる。


「なっ……」

「何だこいつら」

「みっ味方!?」

「どう見ても敵にしか…」

「す すげェ体してるぞおい」


山の民「ζξЙ」


兵士「ひっ」

「だ ダメだ言葉も通じねェ」



とそこで山の民の元へむかう信。


「バジオウ」

「タジフ」


「また一緒に戦えて嬉しいぜ」


2人と握手する信。


バジオウ「……マタ大キクナッタナ 信」

信「……へへ ああ」



驚く新兵たち「!?」

「たっ隊長 この山民族と知り合いなのか!?」

「す すげェっ」



タジフ「シ…シン」

「コンニチマ」


信「タッタジフお前平地の言葉をっ…」

タジフ「コンバンマ」

信「ブハハハ 何かちげェけどすげェっ!」



とそこで桓騎軍の兵士たちが騒ぎ出す。

「ちょ ちょっと待てやコラァ」

「何なんだそいつらは」

「つか将が”二人”ってどいうことだ」

「お頭が総大将じゃねェのか オイ!」


渕「た たしかにこれはどういうことですか信殿」

「桓騎軍と山の民の二軍で打って出ると…」

信「……二軍じゃない」

「今回は」


昌平君「桓騎と楊端和はそれぞれの軍の大将であるが」

「"全軍”の総大将ではない」

「総大将は別の者だ」


渕「!?」

「べっ別の者!?」


昌平君「今回は大いなる戦となるため”三軍”で打って出る」


驚く兵士たち
「!?」
「!?」

尾平「さっ…三軍!?」

渕「で では三つ目の軍の…」

田有「三人目の将軍が…」

尾平「総大将!?」


信「その通り」


昌平君「壇上へっ…」

「総大将 王翦将軍!!」


キングダムのネタバレ 最新498話499話の あらすじ確定 (5)


「おっ」
「王翦将軍が…総大将!!」


王賁「……」



渕「しっ信殿…ではこれはつまり…」

信「ああ…今回の対趙の戦いは──」

「王翦」

「桓騎」

「楊端和の」


「"連合軍戦”だ」


■個性の違う三軍による”連合軍”の戦いが幕を開ける!! 強敵・趙へ大いなる打撃を与えられるか!!?


キングダム 499話 ネタバレへ続く!!


次週から2週間休載。



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック