So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンピース最新874話ネタバレ確定!ルフィ一行はビッグマムから逃げ切る方法とは?【875話】 [漫画]

スポンサードリンク





ワンピース最新874話のあらすじネタバレ(文字バレ)です。

次回の週刊少年ジャンプは7月31日(月)になります。

ワンピース 874話は休載

再開は8月7日発売号からとなります。

上旬にはワンピースマガジン第2弾に加えコミックス新刊も発売しますね。



スポンサードリンク





ワンピース873話までを振り返る。

玉手箱の爆発によって崩落したお茶会会場

絶体絶命の危機をシュトロイゼンの能力で回避しました。

幹部達はすぐさま、迎撃態勢に入ったものの他のメンバーは突然の出来事に未だ混乱中

ケーキと化した城の瓦礫から続々と救出されていきました。

そんな中でカタクリ、ブリュレはベッジ・ルフィ両サイドの追跡を再開しようとします。

このまま逃す事で、この先再びマム軍の脅威になると考えここで確実に仕留めるつもりらしいです。

クラッカーを倒した事実や茶会で実際に手を合わせてみてルフィの将来性を認識したのでしょう。



四皇の幹部クラスにここまでさせるとは流石のルフィ

本気モードのルフィvsカタクリも是非とも実現して欲しいカードですよね。

ペコムズ登場

少し順番がズレますが今回ペコムズが久しぶりに登場しました。

拘束されていたはずのペコムズ

お茶会には間に合わずこのタイミングでの登場となりました。

傘下であるタイヨウの海賊団が逃げ出したと報告しますが、場はそれどころじゃないほど荒れています。

最終局面に向けてペコムズがどのように立ち振る舞うのか注目です。

憎っくきベッジとの再遭遇はあるのかな?



スポンサードリンク





以下、本編です。



四皇、再び再来!





ビッグマム「ケ~~~キ~~~!!」

「かえせ~~~!!!」



サンジ「やべェぞ直撃だ!!」



ルフィ「ギア”3”!!」

「巨人の回転弾(ギガントライフル)!!!」





ボコォォォン



ルフィの攻撃で軌道がそれるが、ビッグマムの一撃で地面に大きな穴が。



ビッグマム「ハァ~~ハァ……ケ~~~キ~~!!」



ナミ「何あれ…様子が変!」



ジンベエ「うぬ…あれは”食いわずらい”」

「食べたいと思うたが最期、それを口にするまでああして暴れ続けるんじゃ」



ルフィ「はっはっは! 食いしん坊だな!」

ナミ「人のこと言えないわよね!!(怒」



サンジ「それで…どうするんだ」

「逃げられるとも思えねェが」



一同の前にビッグマムが立ちはだかる。



ビッグマム「はやくかえせ~~~~!!!!」



「”雷鳴”」



ゴロゴロゴロゴロ



ナミ「キャアアーー!!」



ゼウスを持ってルフィたちに振り下ろすビッグマム。

それをルフィが受け止める。



ジンベエ「ルフィ!?」



ルフィ「効かないね!」

「ゴムだから」ドン!



目がグルグルしているビッグマム。



「おれの…ウェディングケーキ…!!」



ナミ「会場にあったじゃない! なんでわたし達を追っかけて来るわけ!?」



ペドロ「子供たちが何かを吹き込んだのだろう」

ナミ「!」



ペドロ「おそらくはおれ達を始末する為」

チョッパー「そんなぁ~!」



ルフィ「どーすんだジンベエ!」



ビッグマム「ケ~~キーーー!!!」



ボコォン



ビッグマムの攻撃を必死に受け止めるルフィ。





ジンベエ「うぬ…!」

「このまま逃げる訳にはいかん」



「ゼウスがおる限り どんな早い船だろうと追いつかれてしまう」

「万が一船が見つかれば ビッグマムなら一撃で破壊するじゃろう」



一同「!!」



ペドロ「だがケーキを食べたところで、改めて俺達は処刑されるだけだ」

ジンベエ「そうじゃな…」





サンジがビッグマムの前に立つ。



ナミ「サンジくん!?」





ビッグマムがサンジに拳を振り下ろすが、足で受け止めるサンジ。





サンジ「約束しろ」

「世界一美味しいウェディングケーキを作ってやる!」



「その代わり 俺達をこの島から出せ!!」



ジンベエ「無駄じゃ!」

「”この状態”のビッグマムに話は通じん!!」





ドゴゴオン



ギア”4”の姿でビッグマムの顔面を殴り飛ばすルフィ。



ルフィ「俺が戦ってるからサンジ」



「さっさと作って来い!!」ドン





一方、カタクリはブリュレと共にモチモチに乗って森へと急ぐ。



ペロスペローやオーブンら、ビッグマムの子供たちの何人かはショコラタウンに行き、食材を準備することに。



さらにガレットやアマンドらはシフォンを引き留めるべくベッジらを追う。



一方ジェルマ王国。



【医務室】

目を覚ますジャッジ。



レイジュ「お父様」



ジャッジ「…状況は?」





レイジュ「あの後すぐ城が倒壊して──私たちは”麦わらの一味”らに助けられたようで」

「気づくとここに」



ジャッジ「………」





窓の外を見ているジャッジ。

雲の動きに気付く。



ジャッジ「出航したのか」



レイジュ「はい」



「すでにビッグマムの追っ手がすぐそこに──イチジ達を殿(しんがり)に、離脱します」





ジャッジ「………それは許さん」



レイジュ「!」





ジャッジ「…このままでは終われぬ」



「”四皇”に騙され、あまつさえ逃げ帰ったとあってはジェルマの名折れ」



「例え北の海(ノースブルー)に帰ったとて、負け犬の評判はすぐに広まる」

「もはやこの先我々に依頼する者などいるまい」



「世界会議(レヴェリー)への参加資格も何もかもを捨て 今回の結婚に賭けてきたのだ」



レイジュ「………」



ジャッジ「全てを失うぐらいなら──」



「名誉だけは守る」





通信機を取るジャッジ『全兵士、戦闘準備』



『”プラント”の兵士も全員解放せよ』

『育成中のものも全てだ』



背景にはカプセルに入った兵士たち。





『侍女たちも武器を持て』



レイジュ「!」





ジャッジ『”ジェルマ66” 全勢力で攻め込む』



『船を陸送モードへ』



『標的は”四皇”ビッグマム』



レイジュ「父上…!!」



ジャッジ『開戦だ』ドン!



■もう止まらない!!



ワンピース 875話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0