So-net無料ブログ作成
検索選択

僕たちがやりました1話2話ネタバレ感想!原作漫画再現度が高いと好評な件 [ドラマ]

スポンサードリンク













毎日同じ仲間と当たり障りのない生活を送っていた高校生が
ちょっとしたイタズラをきっかけに大きなトラブルに巻き込まれていく話。

近所のヤンキー高校を煙たく思いながらも
大きな問題を起こさないよう消極的に振る舞う様子は
最近の学生っぽくてリアルだし、
登場人物も感情移入しやすいキャラクターばかり。

引きが非常に強く、次々と話が展開していって
途中で止めるのが難しいほど入り込んでしまう。
日常のちょっとしたことから話を広げていく筋書きのうまさを感じる良作。

2017年7月18日フジテレビ系列での『僕たちがやりました(僕やり)』ドラマ第1話で、トビオたちの逃走劇はどうなったのでしょうか?



スポンサードリンク





<キャスト>
増渕トビオ 窪田正孝、凡下(ぼけ)高校の2年生

パイセン(小坂秀郎) 今野浩喜、トビオの仲間

伊佐美翔 間宮祥太朗、トビオの仲間

マル(丸山友貴) 葉山奨之、トビオの仲間

蒼川蓮子 永野芽郁、トビオの幼馴染

三浦由佳 岡崎紗絵、蓮子の親友

増渕優子 榊原郁恵、トビオの母親

新里今宵 川栄李奈、伊佐美の彼女

立花菜摘 水川あさみ、トビオの担任

市橋哲人 新田真剣佑、矢波高一の不良

飯室成男 三浦翔平、刑事

輪島宗十郎 古田新太、裏社会のボス

西塚智広 板尾創路、輪島の弁護士



スポンサードリンク





原作の再現度が高いと視聴者からは好評だったようだ!










<あらすじ>
増渕トビオ(窪田正孝)は、凡下(ぼけ)高校に通う2年生。

特にこれといった夢もなく“そこそこで生きられればいい”と考えるごく平凡な高校生だ。

そんなトビオがいつもつるんでいる遊び仲間は、同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗さん)と、“マル”こと丸山友貴(葉山奨之さん)、凡下高OBで超金持ちな“パイセン”こと小坂秀郎(今野浩喜さん)。

この4人組で、ボウリングやカラオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていた。

凡下高と道を挟んで反対側には、不良の巣窟として知られる矢波(やば)高校がある。

矢波高のリーダーで警察からもマークされているヤバイ男・市橋哲人(新田真剣佑)は、仲間に指示を出して、凡下高の生徒を暴行する事件を繰り返していた。

警察も傷害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男(三浦翔平)らが動き出す深刻な事態になっていた。

ある日、トビオとマルは、矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場に遭遇し、マルが小声で「矢波高全員死ねー!!」と毒づいた。
このマルの発した一言が市橋に聞かれてしまっていたのだ。

市橋の怒りを買い、目をつけられてしまったマルは、ある日、4人で遊ぶ最中に一人でトイレに立つと、市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまったのだ。

トビオ、伊佐美、パイセンの3人は、血まみれの痛々しい姿になってダンボールに詰められたマルを発見する。

仲間をこんな酷い状態にした市橋たちに怒りがこみ上げたトビオは、
「アイツら殺そう、俺たちで」
と復讐を誓う。

翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画を思いつき、パイセンの財力で爆弾を作る。

爆弾を爆破させて矢波高の奴らをちょっと脅かしてやろうと考えるのだった。

計画の夜、動物の被り物をかぶって矢波高に潜り込み、無事爆弾を仕掛けて翌日に備える。

そして、翌朝、起爆装置を押すごとに窓が割れて、矢波高の連中が驚く姿を見て喜ぶトビオ達。

ところが、調子に乗って起爆スイッチを押していると、爆弾のひとつが大爆発を起こしてしまい、瞬く間に、矢波高は火の海となってしまう。

あまりにも想定外の出来事に呆然と立ち尽くすトビオ達。

こうして、そこそこに生きていたトビオ達は、訳のわからないまま爆破事件の容疑者となってしまうのだった。

『僕やり』ドラマ第1話が始まりましたが、こうしたヤンキーチックなドラマは久しぶり見るのでかえって新鮮に感じましたね。
トビオ達の4人が楽しそうにはしゃぐ姿がとても印象的で、うらやましくも感じました。

原作に基づいてかなりぶっ飛びのストーリーでなかなかの面白さです。

ただし、デスマッチの場面はかなり見ているのしんどかったですね。

新田真剣佑さん演じる市原の感情を持たないような表情がかなりゾッとするような恐怖心をあおります。

夜9時の時間帯にこの内容は大丈夫だろうか?とちょっと心配になりましたし、ここで離脱した方もおられたことでしょう。

全体的には見る方の年齢層によって好き嫌いがくっきりと分かれるドラマかなと思います。

それにしても”パイセン”のキャラはなかなか強烈ですね。

正体は不明ですが、”パイセン”がいるからこそ、トビオ達も生きてくるのだと思います。

なので、”パイセン”はドラマ『僕やり』にとって、重要な人物で、これからも注目です。

とにかく、まだトビオ達の逃走劇はまだ始まったところです。

『僕やり』ドラマ2話では、ことの重大さを悟ったトビオ達ははどうなるのでしょうか・

『僕やり』ドラマ2話にも期待しましょう!


原作の展開が気になった方は一気読みしてもいいかもね。




スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0