So-net無料ブログ作成
検索選択

名探偵コナン映画から紅の恋歌をネタバレ!エンディングで次回作映画のヒントもヤバイぞ [映画]

スポンサードリンク





劇場版名探偵コナン2017が公開開始されました!

今作のタイトルは『から紅の恋歌(ラブレター)』。

恋歌のルビがラブレターというだけあって、当然の如くラブコメ全開の内容でした!


今作では幼馴染・和葉vs婚約者を名乗る・もみじによる西の高校生探偵・服部平次を巡る熱い戦いと和葉vsもみじの戦いの方が見応えあるというか印象深く残っているラブコメ推しの内容となっています。



スポンサードリンク















以下、本編のネタバレです。
長くなりますが、お付き合い下さいませ。


百人一首の「皐月会」に所属する矢島 俊弥(やじま としや)が、百人一首大会(皐月杯)の映像を自宅で見ているときに何者かによって日本刀で撲殺されるところから本作が始まります。

その犯人はコナンシリーズでおなじみの”黒い人”。

その後シーンが切り替わり、狂気の日本刀についた指紋をハンカチで焦ってふき取る人物の姿が…。

このシーンでは黒い人ではなくはっきりと容姿がわかります。

後々わかるのですが、この人物は同じく皐月会に所属しているカメラマンの関根 康史(せきね こうじ)という人でした。

そして、関根は被害者の矢島が1枚の百人一首を握りしめているのを発見し、それを取り去ってしまいます。

矢島を殺した犯人は関根なのか?

犯人じゃなければ、なぜ関根は真犯人の犯行を偽装するようなことをしたのか?

というような謎を残して、いつものオープニングが始まっていきます!



オープニングは回を重ねるごとにそのクオリティが上がっていってますね(^^♪

今回のテーマが百人一首で時期が秋ということで、百人一首や紅葉を取り入れたオープニング映像の作りになっていました。

あのオープニングのイントロを聞くだけでワクワクする気持ちになるのは私だけではないはず!

次に、警視庁に日売りテレビを爆破すると予告状が届きます。

そしてその予告状には百人一首の画像が添付されていました。

その日、日売りテレビでは皐月会の会長である阿知波 研介(あちわ けんすけ)と毛利小五郎との対談、そして大岡 紅葉(おおおか もみじ)と枚本 未来子(ひらもと みきこ)との皐月杯のデモンストレーションが行われる予定でした。

枚本はゲスト声優である吉岡里帆さんが演じておられる映画オリジナルキャラクターです(^^♪

大岡紅葉は原作でも登場するキャラクターで、今作の主役の一人といっていいでしょう。

平次曰く、



「この姉ちゃん、むっちゃ胸でかいやんけ…」



だそうです(笑)



平次と紅葉は幼いころ百人一首大会で対戦しており、素人同然だった平次に負けた紅葉が悔しさのあまり大泣きしていたというエピソードが映画の中で紹介されます。

大泣きする紅葉に



「次は嫁に取ったるさかい待っとき」



と指切りをして婚約したときの証拠写真を、お守り代わりに紅葉はパスケースの中に入れて持ち歩いていました。

映画の予告や原作での「やっと会えた…未来の旦那さん…」というセリフの理由がこれでわかりましたね(^^♪



さて、ストーリに戻りますが、予告通り日売りテレビの爆破が起きてしまいます。

早く避難しないといけないところを、展示されている皐月杯伝統の百人一首を枚本が取りに戻ってしまいます。

それを平次と和葉が追いかけますが、最終的に平次と和葉がテレビ局内に取り残されてしまいます。

煙を避け屋上へと逃げていく2人ですが、火の手も迫り脱出が困難で絶体絶命のピンチ。

そんなときに助けに来るのは、警察でも消防でもありません。



そう!工藤(コナン)です!



持ち前のバイタリティーで、スケボーを使い屋上に現れます!!

コナンのおかげでなんとか2人は脱出に成功しましたが、逆に今度はコナンが取り残されることに。

煙を吸い込み意識も朦朧とする中、蘭を思いあきらめず脱出方法を考えます。

「どうやって脱出するのかなあ」とワクワクしていましたが、さすがコナン!発想が違います。

屋上にあったパラボラアンテナの中心に伸縮ベルトを巻き付けスケボーでグルグル回り始めました!


その遠心力による加速を利用して道路の向かいにある川に飛び込むという作戦です。

最後は平次の力も借りて見事脱出に成功しますが、ここまで映画が始まって30分以内です。

序盤からかなり迫力の爆破シーンとスタントで、「この後どれだけすごくなるんだ…」と期待と不安が入り混じった感情になりましたね(笑)



スポンサードリンク





映画の序盤でこれだけワクワクさせてくれるとは、さすが名探偵コナン。


日売りテレビ爆破事件で枚本が利き腕を怪我してしまい、急きょ皐月杯の代役を和葉がすることに。

枚本はかるた部の部長、そして和葉はかるた部のゾンビ部員という関係でした。

合気道部だけと思いきやかるた部も兼部していたんですね!

優勝候補の紅葉に戦線布告し、勝ったほうが平次に告白するという勝負を切り出します。

このとき和葉は百人一首は素人同然の腕前。皐月杯は明後日なので徹夜で特訓することに。

その特訓相手を、なんと平次の母である服部 静華(はっとり しずか)がしてくれます。

なんでも静華は元皐月杯クイーンの実績があり百人一首は相当の腕前だそう。

強力な師匠を迎え、特訓を重ねるごとにみるみる和葉のポテンシャルがあらわになっていきます。

和葉と紅葉の百人一首対決はどうなるのでしょうか…映画終盤のお楽しみです(^^♪



さて、爆破事件のあと第1の事件である矢島殺害事件が京都府警により報告されます。

京都府警といけば名物警部である綾小路 文麿(あやのこうじ ふみまろ)がいてますが、今回もやっぱり登場しましたね(^^♪

シマリスといつも一緒な人で、あだ名は「おじゃる警部」(笑)

平次とコナンには絶大の信頼を置いており、現場を2人の気の済むまで自由に調べても良いという信頼ぶり!

なかなかいいキャラしてる警部ですよね(^^♪

殺害現場を見て、矢島が百人一首を握りしめていたとすぐ気付いたコナンは解析を灰原にお願いします。



また、冒頭で紹介した関根が事件を聞き矢島宅に駆けつけます。

関根はゲスト声優である宮川大輔さんが演じておられるキャラクターだとこのときわかります(^^♪

その関根のちょっとした発言



「殺され損どころやない、殴られ損や。」



で、関根が犯人ではないかと睨む平次とコナン。その鋭さはさすがの一言です(笑)



次の日、この関根を2人で追い詰めます。

先ほどの関根の失言でわかることは、「凶器が刀と聞いて普通殴られて殺されたとは思わない」というものでした。

実は凶器で使われた刀は錆がひどくて鞘から抜けず撲殺に使われたんです。

冷や汗たらたらの関根ですが苦し紛れの言い訳でその場を離れますが、その動揺ぶりから犯人に間違いないと2人は確信します。



しかし、そのすぐ後に移動中の路上で関根の車が爆破されてしまいます。

犯人と睨んだ関根が被害に遭い困惑しますが、関根の携帯電話に爆破予告の時と同じ百人一首の画像が添付されていたことを知ります。

そして、同様に紅葉の携帯にも百人一首の画像が…。

爆破予告、関根、紅葉に送られてきている百人一首の共通点は、



「句の中に紅葉という単語が入っている」というものでした。

そして、灰原の解析の結果、矢島さんが握りしめていた百人一首にも紅葉の単語が…。



この紅葉が入った百人一首の意味は?



なぜ爆破予告で阿知波さんが、そして残りの3人が狙われたのか?



そして、紅葉という単語が入っている百人一首は残り2枚あり、更なる犯行が予想されます。



一体犯人の目的は何なのか?



映画の中盤で謎がどんどん加速していきます。

いや~、思い返すだけでもドキドキがよみがえってきます!


紅葉の単語が入った6枚の百人一首が事件のカギだと気づいた一同ですが、

この6枚の百人一首と因縁の深いある人物の名前が浮上します。

その人物の名は、「名頃 鹿雄(なごろ しかお)」。百人一首団体の「名頃会」のリーダーで阿知波会長の皐月会をライバル視していました。

5年前に、名頃は同時の皐月会のトップでありクイーンでありさらに阿知波会長の奥さんである阿知波 皐月(あちわ さつき)に試合を申し込んでいましたが、試合当日の日に名頃が現れることはなくそれから行方不明となっていました。

実は試合日の前日に、名頃は阿知波邸に訪れ皐月に勝負を挑んでいたということが阿知波会長の口から語られました。

その勝負で皐月に敗北した名頃はショックのあまり行方をくらまし、今でも皐月会を恨んでいるのではないかといった内容です。

そのときの「車に乗り込む阿知波夫妻と秘書」の新聞記事の写真をコナンたちは見せてもらいますが、なにか違和感を感じるコナン。

そして、名頃が得意としていた百人一首いわゆる得意札は、紅葉の単語が入った6枚の百人一首だったのです。

さらに、殺された矢島と大岡紅葉は元名頃会のメンバーであり名頃のことを師匠と慕っていました。

元教え子の活躍を快く思っていなく皐月会を恨んでいる名頃が、自分の得意札にならって犯行を行っていると推理しました。



大岡紅葉と残り2枚の被害を食い止めるために動き出した平次とコナンですが、果たして残り2枚は一体誰が狙われるのか?



犯人は本当に名頃なのか?


さあ、いよいよ皐月杯当日になりました。

阿知波会長の皐月会の会館に集まる出場者の高校生たち。

体操服での参加が多い中、和葉は合気道の道着で大会に臨みます(^^♪



順調に大会が進んでいく中、近くの物置小屋で爆破が起き、現場にコナンと平次が向かいます。

爆破の被害者は損傷が激しく特定できそうにありませんが、

近くの木に被害者のものと思われる大きな指輪が、爆風によりめり込んでいました。

その指輪をどこかで見たことがあるような気がするコナン、ハッと思い出します。

それは、かつて阿知波さんの秘書を務めていた大柄の切れ者「海江田 藤伍(かいえだ ごろう)」が、写真で付けていた指輪と同じものだったのです。

被害者が海江田だと断定したコナンと平次ですが、現場検証によると海江田が爆弾を設置した際に爆発した可能性もあるのではないかとのこと。

ここで、コナンと平次は事件の真相に気付きます。

そして、海江田の携帯にも百人一首の画像が送られていたとすると残り1枚です。

最後のターゲットは誰なのかというと、

「皐月杯での紅葉の決勝戦の対戦相手だ」と推理しました。



さて、皐月杯ですが紅葉が順当に決勝戦に進む中、その対戦相手となったのは

ご察しの通り道着姿の和葉です。

和葉の携帯を警察に調べさせた平次、和葉の携帯にはやはり百人一首の画像が…。

決勝戦は、特別に滝の近くに建てられた「皐月堂」という場所で行われます。

阿知波さんが漕ぐ船に乗って皐月堂へと向かう紅葉と和葉…

そのときの和葉のセリフ「なにか変なにおいがする」というのも伏線だったのです。


さて、皐月堂での決勝戦が始まろうとしています。

開始前、百人一首の読み手である阿知波さんが2人に対して「すまないね」と声をかけます。

その後、皐月堂の近くで爆発が起きますが、阿知波さんは「地震だろう。これぐらいなら大丈夫。」

と2人に告げます。

その皐月堂にバイクで向かうコナンと平次。

もうこの辺で映画を見ている観客も、今回の一連の事件の真犯人がわかるころでした。

真犯人は名頃ではなかったのです。

そう。それは、皐月杯の会長「阿知波 研介」だったのです。



爆発の火の手が迫りつつある皐月堂では、紅葉と和葉の百人一首が白熱しています。

取りつ取られつの攻防が繰り広げられていますが、とんでもない集中力を発揮する和葉。

紅葉の得意札でさえ果敢に取りに行きます。

その際も皐月堂の下では炎があがっていますが、百人一首に集中している2人は気付きません。



さて、バイクで向かうコナンと平次ですが、推理をしつつ皐月堂へと向かっています。

皐月堂は滝近くのかなり高いところにありますが、なんと近くの崖からバイクで皐月堂へと突っ込んでいきます。

見事、皐月堂へと到着した2人ですが、その衝撃に気付いて外に出る紅葉と和葉と阿知波。

コナンは火を止めるために、膨らむボールを使って滝の流れを変え鎮火させます。

ここから、事件の真相を話していきます。



真犯人はやはり阿知波 研介で、矢島の犯行にカモフラージュさせていました。

なぜ、矢島に罪を着せようとしたのか。

それは、阿知波の妻・皐月と矢島の対戦結果が原因でした。

公式試合の前の日に阿知波邸で皐月に勝負を申し込んでいた矢島ですが、

実は皐月は矢島に圧倒的な力の差で負けていたのです。

その負けを隠ぺいするために阿知波が矢島を殺したと本人の口から自供されました。



しかし、それが真相ではないと主張するコナンと平次。

実は、矢島を殺したのは阿知波ではなく皐月だったのです。

矢島の圧倒的な力の前に、皐月会の存続に不安と恐怖を感じ殺してしまったのです。

そのときの返り血と皐月の指紋が、決勝戦で使われた伝統の皐月会の百人一首には付いていました。

その証拠を隠滅しようと自分の命と引き換えに最後の爆弾のスイッチを押そうとする阿知波。

そこで堪らず声をあげたのは、矢島を師匠として慕っていた紅葉でした。



師匠の矢島が以前から皐月会に対して挑発的で攻撃的な態度を取っていたのには理由があると。

回想シーンで矢島ははにかんだ表情でこう語っています。

「こうでもしやな勝負なんか受けてくれへんやろ。ただ、勝って褒めてほしいだけやねん。皐月さんは初恋の相手やから。」

試合前日に皐月に勝負を挑んだのは辱めるためではなかったのです。

圧倒的な力の差を自覚していた矢島は、マスコミの前で行われる公式戦ではなく個人的な試合で皐月に勝って褒めてほしかっただけなのだと。

そして、公式戦では負けるつもりでした。

なぜかというと、実は矢島は病に侵されており先は長くありませんでした。

残される弟子を皐月会に引き取ってほしい、その口実のために公式戦では負けようとしていたのです。

矢島は、阿知波が思っていたような攻撃的で挑発的な人物ではなかったのです。

皐月や弟子のことを大切に思っていた良い師匠でした。



「なんてことをしてしまったのだ」と自分がしたことを公開する阿知波は、最後の爆弾のスイッチを押すことを止めます。

ですが、皐月堂は今にも崩壊しそうになっています。

早く脱出しようと備え付けのエレベーターで下に降りる紅葉と阿知波とコナン。

しかし、平次と和葉は間に合わず皐月堂に取り残されてしまいます。



スポンサードリンク





刻一刻と崩壊が近づく皐月堂で、平次は脱出方法を思いつきます。

それは、皐月堂とほぼ同じ高さにあるため池にバイクで飛び込むというものですが、そのため池はかなりの距離があります。

「そんなん無理やって!」と平次の後ろでバイクに乗り抱き着く和葉。

バイクを運転する平次の手には、阿知波さんが落としていった最後の爆弾のスイッチが。

ブーンと何度もアクセルを吹かす平次。

いざ、走りだそうとしたときに平次が和葉に向って一言。



「和葉!絶対手離すなよ!手離したら……殺すぞ」



このセリフ前にもありましたが、今回聞いたときにもしびれましたね(*^▽^*)

この映画一番の胸キュンポイントだっと思います(^^♪

女性の皆さんはこのセリフで平次にハートを射抜かれたことでしょう。



勢いよくバイクで皐月堂を飛び出したと同時に、スイッチを押す平次。

その爆弾の爆風に乗ってため池に飛び込もうとする平次は、



「お前に死なれたら困るんや!お前にはまだ言わなあかんことがあるねん!」



と叫びます。

そして、見事ため池に飛び込み脱出成功。勢い余って飛び出してしまった和葉の手を平次がつかんで一件落着。



「言わなあかんことって何なん?」



和葉に問い詰められる平次のシーンで本編終了。

まだドキドキがおさまらないなか、エンディングへと続いていきます。


エンディング映像はコナンではいつも実写のものが使われますが、

今作の時期が秋ということで秋っぽい映像が使われていました。

エンディング曲は、アニメのコナンでも大変お世話になっている倉木麻衣さんが歌う

「渡月橋~君、想う~」が使われていました。

渡月橋とは、京都の嵐山にある桂川にかかっている橋のことです。



ドキドキした気持ちをエンディングで落ち着かせるのと同時に

「あ~、もう終わってしまうのか」と名残惜しい気持ちも湧きながら、最後のエピローグへと向かいます。

エンディングが流れているときでもさすが、劇場のコナンファンはわかっていますね。

ここで誰一人席を立とうとしません(^^♪



エピローグでは、皐月杯決勝戦の結果がわかります。

勝ったのは紅葉でした。

約束通り、勝ったほうが平次に告白するということで、

小さいころに約束した「次は嫁に取ったるさかい待っとき」という約束は覚えているのか、約束を果たす気はあるのかと紅葉は平次に詰め寄ります。



ここで、完全に思い出した平次からあの約束の真相が伝えられます。

それは、

「次は「強め」に取ったるさかい待っとき」

と言ったのだと。

結局紅葉の聞き間違いということになり、

「私は、狙った札は逃しません。」という捨て台詞を吐き紅葉は撤収していきます。

また、別にコナンと蘭の話もありましたが、今回はメインではなかったので割愛します(^^♪(笑)







さて、すべての謎が解けてスッキリ!と気を抜くのはまだ早いですね(゚д゚)!

コナン映画の最後の楽しみといえば、来年の次回作の予告です!!

これが楽しみで何度も同じ映画を見に行く方もいるぐらいです(^^♪



さあ、最後の次回作の予告はどういうものなのか私もワクワクしていました。

その次回予告はというと…、



上空から映し出される東京周辺…

細かく明かりが着いているようですが…

急に「…ゼロ」という一言ですべての明かりが消えてしまいます…



短い!次回予告短すぎ!と思いますが、コナンファンにとっては十分すぎるヒントが与えられました。

この「…ゼロ」の声は、はっきりと公安の”安室 透”のものだとわかります。

ということは、次回作は公安がらみの映画に、

ということはもしかしたら黒ずくめの組織がらみの映画になるかもしれません!!!

黒ずくめがらみの映画は以前からありますが、どちらも本編と密接に関わっていました。

赤井秀一と沖矢昴が同一人物だとはっきりわかったのも映画でしたからね(^^♪



今年の劇場版が公開されたところですが、早くも来年が待ち遠しい限りです。


ではまた来年!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。