So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラクエ11ロトシリーズ続編でロトゼタシアの由来が判明!ストーリーを考察してみた [ゲーム]

ドラクエ11はドラクエ1と関係性があることが公式で発表されています。
「ドラゴンクエスト11」のタイトルロゴにはドラゴンが描かれており、過去にドラゴンが描かれたのは「ドラゴンクエスト1」のみであることから、やはりロトシリーズに関連していることが予想されます。



スポンサードリンク





また、ドラクエ11の公式トレーラーからもわかる通りBGMもドラクエ1を連想させるものとなっています。







また「ドラゴンクエスト1」ではドラゴンが左側に、「ドラゴンクエスト11」ではドラゴンが右側に描かれていることも、まるで意識して反転したように見えます。文字の背景となっている赤いドラゴン。
これがドラクエ1のロゴを彷彿とさせると言われています。

ドラゴン11ほんと楽しみですわ、私も購入する予定です。






ジャンプフェスタ2017でワールドマップが公開され、そこで「ロトゼタシア」という地名が明らかになりました。

この「ロトゼタシア」ですが、英字で書くと「Rotozetasia」となり、分解すると「Roto」「z」「etasi」「a」 の4つになります。

そしてところどころを日本語読みすると、「ロト」「ゼット」「タシ」「エー」になり、ロトは勇者、ゼットは終わりを意味するZ、タシは+を意味し、エーは始まりを意味するAになります。

つまり「ロトZ+A」で、「ロトをたどる未来から過去への物語」という意味になるというのです。

これを読み解くと、「Z」がロト伝説で一番未来の時代を表していて、DQ11の世界、ロトゼタシアの世界ということになります。

これらの情報がネットで話題になっていて、ドラゴンクエスト11はほぼ間違いなくロトシリーズの続編だと言えると思います。






ドラクエ11の主人公が「ロトの剣」を持っている様子が伺えます。

ロトシリーズの時系列をおさらい
ドラクエ3 :勇者オルテガの息子が「ロト」の称号を受け勇者ロトとなる
ドラクエ1:勇者ロトの活躍から300年後の物語
ドラクエ2:更に100年以上先の物語




ドラクエ1の主人公「ロト」を明らかに連想させており、ここから考察できるのは、ドラクエ1~ドラクエ3【ロト篇】の続編もしくはドラクエ11自体が過去の物語の可能性もあります。

ちなみにユーザーの予想は?





スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。