So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラッククローバーネタバレ最新102話確定!アスタが血液回復魔法使う!?あらすじ 【103話】 [漫画]

ブラッククローバー最新102話のあらすじネタバレです。



スポンサードリンク





扉絵はユノ。

『風と共に駆け上る』


TVアニメ制作快調&新展開突入センターカラー!!だぞ



ヤミ、宣告!!


ヤミ「安め」

「オマエ働きすぎ しばらく任務禁止」


絶望的な表情のアスタ。


アスタ「そんな…オレから任務とったら何が残るんスかぁぁぁ!!」

ヤミ「筋肉」


フィンラル「まぁちょうどおあつらえ向きのイベントが――…」



ガチャ…

「ただいまっス…」



ヤミ「お 帰って来たか?」


アスタ「この声はマグナ先ぱ…」

はっと何かに気付くアスタ。


(そうだ…マグナ先輩達はオレの腕を治すために魔宮に行ってたんだ…)

(感謝を伝えねーと…!)



雰囲気が代わっているマグナとラック。


アスタ(え”ええええええええええええええええ!!!)

(何か凄いことになってる―――――!!?)


マグナ「魔宮(ダンジョン)攻略を経てとてつもなく強くなっちまった…くっ…!」

アスタ(何かキャラ変わってる―――!?)


ラック「魔が呼んでるぜ…」

アスタ(アンタもかい―――――!!)


マグナ「だがすまん…アスタの腕の治療法は見つけられなかった…くっ…!」

ラック「魔が…呼んでるぜ…」


マグナ「ただただ強くなっちまった…! くっ…!」


アスタ「あ 治りました 腕」


すぐにいつもの様子に戻る2人。


マグナ「なんだよ良かったじぇねーかテメコノヤロォ~~!!」

ラック「やったねアスタ!それじゃ早速ヤリ合おう!」

アスタ「やらん!!」


アスタの後ろで「いやホントによかった…」と男泣きしているマグナ。




ガチャ…

「今帰ったぜ…」


アスタ「ゴーシュ先ぱ――…」

(そうだ…ゴーシュ先輩達もオレの腕を治すために王立図書館に行ってたんだ…)

(感謝を伝えねーと…!)



オタクになって帰って来た二人。



アスタ(え”えええええええええ!!!)

(何かオタクになってる――――!!?)

ゴーシュ「魔法の素晴らしさに目覚めてしまいました」

「美しい…魔術式が絵画のようですな…!すごいですぞゴードン氏」

アスタ(だから何でキャラ変わんの―――!?)



ゴーシュ「魔法の素晴らしさに目覚めてしまいました」

「美しい…魔術式が絵画のようですな…!すごいですぞゴードン氏」


アスタ(だから何でキャラ変わんの―――!?)



ゴートン「ぶつぶつぶつ」

アスタ(アンタはやっぱり何言ってるかわかんねぇぇ―――!!)



ゴーシュ「だが…アスタ氏の腕の治療法はまだ見つかっておらず…」

「どれだけ時間がかかっても解呪魔法編み出しますぞ!お待ちを!」


アスタ「あ治りました腕」


ゴーシュ「何だとオイ」

「オレがいつか治すっつってんだ もっぺん呪われてきやがれテメー」

アスタ「ええええええ(汗)」


背後でブツブツブツブツ言ってるゴートン


アスタ「ゴードン先輩!呪いかけてるみたいだからヤメてー」


「バカらし…マリーの写真見よう」とゴーシュが言ってるうちに「ただい…ま…」との声が。



アスタ「チャーッミーパイセ――…」



アスタ(え”えええええええええ!!!)

(いや…え”えええええええええ――――!?)


チャーミー「どうもチャーミーです…」

「魔法キノコに寄生されちゃった…」もしゃもしゃ


アスタ(食ってる場合かぁぁ――)



グレイ「あ”うううう」

「ウマく変身出来ない 恥ずかしいよ~~~///」


アスタ(恥ずかしがってる場合かぁぁー!!)



アスタ「チャーミーパイセン!!もうそれ食べちゃダメっスよ!!」

チャーミー「と…止まらない…」


もしゃもしゃ
ぽんぽんぽん


アスタ「1コ食べたら3コ生えてますよぉぉぉぉ!!」

チャーミー「おひとつどーぞ…」

アスタ「いつかああああ!!」

チャーミー「他にも美味しいのいっぱいとって来ましたよ~~~」

アスタ「命懸けで何やってんですかー!?」

チャーミー「でも…ごめん腕の治療法は見つからなかった…」

アスタ「そうでしょうね」

ヤミ「いなかった分 給料引いとくね?」


「さて」

「そんなこんなで祭りがあります」

アスタ「祭り?


チャーミー「祭り…?」


マグナ「オメーは知ってるだろ」

フィンラル「みんな知っての通り魔騎士団は功績に応じて魔法帝から星を貰えます」

「この星の数を各団で競い合ってるワケですが…」

「4月から翌年3月末の一年かいに取得した数を発表してその年の一位の団を決める催しがあります」

ヤミ「ったく…メンドくせーよな~~~いつも最下位だし」

フィンラル「この催しは王国民みんなの前で行われる一年で一番大きい祭りとしてクローバー王国民に親しまれているワケです」

ヤミ「それが…『星果祭』!!」

アスタ「ヤル気だ!!ヤミ団長がいつになくヤル気だ!!」

ヤミ「よっしゃ全然乗り気じゃねーけど行くぞ」

「お供しますヤミサァァん!!」

ゴーシュ「オレはマリーの写真眺めてます」


アスタ「あ」

「女の子 女の子~♪」とルンルン気分のフィンラルに話しかけるアスタ。


アスタ「スイマセン フィンラル先輩!ちょっと呼んでほしいヤツらが―――」



「うおおおおおおお!!」


「すっげぇぇええええ~~~~~!!」


ヤミ「おっしゃ~~!!騒げバカヤロー共ォォー!!順位発表は20時あぞ」


バネッサ「お酒お酒~♪」


チャーミー「食べ物~!!」


アスタ「あっ」


「おーーーい!!」

アスタ「カホノ!キアト!」

キアト「これが都会のお祭りかぁ~~!すごいなー!呼んでくれてありがとう!アスタ!」

(ど潤わしの海神の女神)

アスタ「なんたってオレ休みだからな!」

キアト「カホノ喋れないんだから騒ぐなよ~!」


カホノ「………」

キアト(カホノ…歌いたいだろうな…)

アスタ「キアト!足もって来たか!?」

キアト「ああ水魔法で保存しといたけど何だって…」

アスタ「よし ほいじゃま!」

キアト カホノ「「!」」



『血液回復魔法 “滅呪の血籠もり繭”』



キアト「え…!」

「……!!」

「足が…!!」



「うお~~~~すご―――い!!」

アスタ「魔女の秘術で魔女王の魔法を入れて来たんだ!」

カホノ「……」

「ノエ…」


「ル…」


「……ノエル…!」

「しゃべれる!!しゃべれるよぉ~~~!!ノエルありがとぉぉ~~!!」

ノエル「カホノ…!よかった…よかった……!」

キアト「ありがとうな!!アスタぁぁ~~~~~!!」

アスタ「お…おう…!」


「ステキーっっ」

「素晴らしい歌声だ――!」

カホノ「えへへ!今日って一年に一度のお祭りなんでしょ!?うれしい!」

「めいっぱい楽しもうっ!!」

「ねぇねぇ! ノエル アスタお兄ちゃん!」

「wデートしようっっ♪」


ノエル(えええーーーーーーー!!!)

アスタ「ってナニ??」


次週へ続く。


ブラッククローバー 103話 ネタバレへ続く!!



スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。